画家の書棚にみる昭和アートブック史…世田谷美術館分館 宮本三郎記念美術館

画家宮本三郎が参照した多くの書籍を公開する展覧会が世田谷美術館分館 宮本三郎記念美術館で開催されています。
2008年12月6日(土)〜2009年3月22日(日)


____
宮本三郎が生前に所有していた五千冊にもおよぶ書籍の数々「宮本三郎文庫」をまとめ
て初公開致します。

 宮本三郎が過ごした奥沢の邸宅には、彼が装丁を担当した獅子文六や大佛次郎そして石
坂洋次郎らの大衆小説や、表紙を担当した『主婦之友』や『新女苑』といった当時の女性
誌をはじめ、美術書や美術雑誌の数々、作品を描く際に参考にしただろう無数の写真集、
自らの子どものための児童書、滞欧時に購入したと思しき洋書など無数の書籍が遺されて
いました。遺族の没後に作品とともに世田谷区に寄贈されたこれらの貴重な書籍の数々は
宮本三郎の思考と創作の源泉や公私にわたる様々な関心を明らかにするのみならず、当時
の著名な装丁家や写真家、そして美術家による昭和のブック・デザインを概観するための
貴重な機会となるはずです。

 本展は、様々なテーマを設けて宮本三郎の蔵書をセレクトし、同時期に製作された絵画
作品とあわせて展示することによって、あらゆる視点から昭和を代表する洋画家 ひいて
はその時代そのものを読み解こうとするものです。(世田谷美術館分館 宮本三郎記念美術館HPより)

○世田谷美術館分館 宮本三郎記念美術館
http://www.miyamotosaburo-annex.jp/

01/23/2009