水都大阪2009記念シンポジウム「遊びをせんとや生まれけむー水都大阪の再生」…リーガロイヤルホテル(大阪)

鷲田清一や吉見俊哉、北川フラムなど多数の論客がパネリストとして登壇。2009年9月22日(火・祝)、応募締切は9月5日(土)。
____
水の都・大阪の復興を目指すシンボルイベント「水都大阪2009」を記念して、シンポジウム「遊びをせんとや生まれけむ ―水都大阪の再生」を開催します。
世界にもまれな都心部を囲む川によってできたロの字型の「水の回廊」は、古くは難波津に都がおかれた時代、「天下の台所」と呼ばれた江戸時代、そして「東洋のマンチェスター」と称された近代に至るまで、大阪の人々の暮らしにはかりしれない恩恵を与えてきました。大阪の歴史・経済・文化・風物・風景は、川によって形成され育くまれてきたのです。しかし、近代化、戦後のモータリゼーションのなかで、川や堀は埋め立てられ、「浪華八百八橋」とうたわれた数多くの橋もなくなり、川の都市資産としての価値は忘れられ、失われてきました。一方で大阪は、全国でもまれなる町人文化が成熟し、「民」の力を大きな原動力として発展してきた歴史文化都市です。その伝統は、現在もまちづくりを牽引する多様なNPOや市民活動に引き継がれています。
シンポジウムのタイトル「遊びをせんとや生まれけむ」は、『梁塵秘抄』のよく知られた歌ですが、「水都大阪」とは、連日各所で展開される多様なイベントやワークショップによって、人が都市や川と遊び戯れ、さまざま感覚を開き、都市に「遊びの文化」のエネルギーを生み出そうとする壮大な祭りということができます。情報、記号、流行、スピードに対して、五感、身体を大切にする人間社会構築へのキーワードを「遊び」と捉えたいと思います。
シンポジウムは二部構成となり、セッション1「河港・大阪と市民社会」では、人・モノ・情報の集結地として発展してきた水都・大阪の歴史と現在を、市民社会・アジアへ繋がる港湾都市・環境都市、といった様々な視点から紐解き、大阪の地政学的ポテンシャルと水都再生への道筋を探ります。セッション2「大阪の市民力・文化力 ― アートが都市をかきまぜる!」では、文化、アートの現場で活躍する実践者(アーティスト)を国内外から迎え、大阪の市民力・文化力アップにアートが果たす役割を討議。水都大阪2009の意義を問いかけます。大阪の歴史・都市・文化の研究者、河川や環境の専門家、大阪を拠点に世界的に活躍するアーティストが国内外より一堂に会し、この「水都大阪」の企ての意義を多様な角度から考え、水都としての大阪の歴史、文化、交流等をテーマに語り合うことで、大阪の都市力の向上と発信を目指します。
(水都大阪2009HPより)
http://www.suito-osaka2009.jp/corridor-other/symposium/index.html

○詳細プログラム、出演者については下記リンクよりご確認ください。
http://www.suito-osaka2009.jp/corridor-other/symposium/index.html

日時:2009年9月22日(火・祝)10:00~18:00
会場:リーガロイヤルホテル(大阪)大宴会場ロイヤルホール
http://www.rihga.co.jp/osaka/map/index.html
定員:300名(要予約)
参加費:1000円(日英同時通訳つき)、交流会参加の場合は別途2000円が必要
応募方法:
E-mailもしくはFAXで申込
E-mail:suito@artfront.co.jp
FAX:03-3476-4874
応募締切:2009年9月5日(土)

○水都大阪2009
http://www.suito-osaka2009.jp/

08/25/2009