夢二装幀事始−夢二で見る近代日本装幀のあゆみ−…竹久夢二美術館

夢二による装幀本のほか、恩地孝四郎や橋口五葉といった近代日本の装幀史に名を残すデザイナーの作品を展示。2009年10月1日(木)〜12月23日(水・祝)
____
本年は夢二生誕125年の記念の年でもあり、また、彼が25歳で初めて著した『夢二画集春の巻』の刊行からちょうど100年目にあたります。『夢二画集春の巻』は、出版後たちまちベストセラーとなり、新進画家であった〈夢二〉の名を一躍世に知らしめました。あるいは、この画集が存在しなければ、〈夢二〉の存在がこれ程までに周知されることはなかったかもしれません。
 本展覧会では、夢二が生涯に著した57冊の著書をはじめ、彼が手がけた数多くの装幀本を展示するとともに、〈本〉が取り持つ不思議な縁によって親交した恩地孝四郎(版画家)、吉井勇(詩人)、久米正雄、長田幹彦(ともに作家)らをはじめとする画家や作家との交流の足跡をご紹介します。
 また併せて、近代日本の装幀史に名を残す美本や、装幀・挿絵原画を特別展観いたします。
〈参考出品作家〉青山二郎、恩地孝四郎、木村荘八、河野通勢、小村雪岱、橋口五葉ほか
(弥生美術館・竹久夢二美術館HPより)
http://www.yayoi-yumeji-museum.jp/

会期:2009年10月1日(木)〜12月23日(水・祝)
時間:10:00〜17:00(入館は閉館30分前まで)
休館日:月曜日(10月12日(祝・月)、11月23日(祝・月)は開館)、10月13日(火)、11月24日(火)
時間:10:00〜17:00(入館は閉館30分前まで)
会場:竹久夢二美術館
http://www.yayoi-yumeji-museum.jp/
観覧料:
一般900円
大・高生800円
中・小生400円
※弥生美術館も観覧可能

○弥生美術館・竹久夢二美術館
http://www.yayoi-yumeji-museum.jp/

10/06/2009