日本文化に見た夢 お雇い外国人建築家コンドル先生 重要文化財「ジョサイア・コンドル建築図面」…京都大学総合博物館

平成21年度京都大学図書館機構公開企画展。重要文化財の建築図面を展覧。2009年12月2日(水)〜12月24日(木)
____
このたび図書館機構では、工学研究科および総合博物館との共催により、公開企画展を開催します。この展示会は、2006年6月に歴史資料としてはじめて重要文化財に指定された「ジョサイア・コンドル博士建築図面」(工学研究科建築学専攻所蔵)を広く学内・学外に公開することを目的としています。全468点のコレクションの中からセレクトした原本約30点を展示するとともに、日本画、生け花など日本文化にも造詣が深く、西洋に日本文化を紹介したコンドルの著書をも併せ紹介します。また、超高精細画像を用いた技術により、傷みのある図面のデジタル修復や、肉眼では確認しにくい部分をデジタルで拡大することにより、コンドルならではの繊細で優美な装飾デザインなどを紹介します。
(京都大学総合博物館HPより)
http://www.museum.kyoto-u.ac.jp/modules/special/content0008.html

会期:2009年12月2日(水)〜12月24日(木)
休館日:月曜日・火曜日
時間:9:30〜16:30(入場は閉館30分前まで)
会場:京都大学総合博物館
http://www.museum.kyoto-u.ac.jp/guide.php
入場料:
一般400円
大学生・高校生300円
中学生・小学生200円
70歳以上の方、身体障害者手帳をお持ちの方 無料

○京都大学総合博物館
http://www.museum.kyoto-u.ac.jp/

11/19/2009