小村雪岱とその時代…埼玉県立近代美術館

竹久夢二と同時代に装幀や舞台美術で活躍した画家、小村雪岱の仕事を紹介。2009年12月15日(火)〜2010年2月14日(日)
____
第二次世界大戦前に訪れた、大衆文化華やかなりしひととき。竹久夢二と同時代に「昭和の春信」と呼ばれ、挿絵や装幀、舞台美術などで活躍した小村雪岱(こむら・せったい 1887-1940)という画家をご存じでしょうか?
 埼玉県川越市に生まれ、東京美術学校で下村観山教室に学んだ日本画家ですが、在学中に泉鏡花と出会い、鏡花の小説『日本橋』の装幀を手がけたことを契機にデザインの世界に足を踏み入れました。
 鏡花文学を絵画化したような美しい装幀で泉鏡花に、『おせん』など江戸の女を描いた挿絵で邦枝完二に、「一本刀土俵入」などの清新な舞台装置で六代目菊五郎に、それぞれ篤い信頼を得たその仕事は、どのひとつをとっても伝統絵画の研究や浮世絵の系譜に根ざした独自の繊細な美意識に貫かれています。そこにはまた、在りし日の日本の日々の暮らしの美が静かに息づいています。
 この展覧会では、現在も多くの人を魅了し続ける小村雪岱の多彩な活動を、周辺の芸術家らとの交流や当時のモダンな美術・デザインを振り返りながらご紹介します。
(埼玉県立近代美術館HPより)
http://www.momas.jp/3.htm

会期:2009年12月15日(火)〜2010年2月14日(日)
休館日:月曜日(ただし1月11日は開館)、12月25日〜1月4日、1月12日(火)
時間:10:00〜17:30(入場は閉館30分前まで)
会場:埼玉県立近代美術館企画展示室(2階)
http://www.momas.jp/002annai/2.htm
観覧料:
一般900円
大高生720円
※中学生以下、65歳以上、障害者手帳をお持ちの方(付き添い1名を含む)は無料
※ 着物でご来場の方には先着100名に絵はがきセットのプレゼントあり

○埼玉県立近代美術館
http://www.momas.jp/index.html

12/08/2009