祝20周年!山形国際ドキュメンタリー映画祭 ドキュメンタリー映画の現在…立命館大学

山形国際ドキュメンタリー映画祭の出品作品上映とシンポジウムを開催。2010年1月23日(土)、1月24日(日)、1月30日(土)、1月31日(日)
____
2009年10月9日〜13日、「映像文化演習」川村先生クラスのゼミ生全員で、2年に一回開催される<山形国際ドキュメンタリー映画祭2009>を訪れました。映画祭では、毎日朝から晩まで世界中のドキュメンタリー映画を鑑賞し、映画祭の運営方法や町との関わり、ボランティアの方々の協力体制などを肌身に感じることができ、充実した滞在となりました。その後、京都に戻ってからは山形映画祭のライブラリーの作品から上映作品を選定し、チラシも完成し、全国へ発送しました。今後も山形で時代を映す世界のドキュメンタリー映画を見れる機会を期待し、京都での本企画、20年間の山形映画祭の名作をお楽しみください。
(立命館大学映像学部 現代GP「映像文化の創造を担う実践的教育プログラム」HPより)
http://www.ritsumei.ac.jp/eizo/gp/index.html

日時:2010年1月23日(土)、1月24日(日)、1月30日(土)、1月31日(日)
会場:立命館大学衣笠キャンパス充光館301教室
http://www.ritsumei.jp/accessmap/accessmap_kinugasa_j.html
入場無料・当日先着順(定員170名)

作品提供:山形国際ドキュメンタリー映画祭、アテネフランセ文化センター、アムール
問い合わせ:立命館大学映像学部075-465-1990

○シンポジウム「ドキュメンタリーの未来へ〜山形国際ドキュメンタリー映画祭の20年〜
ゲスト:
飯塚俊男(映画監督)
村山匡一郎(映画評論家)
宮沢啓(特定非営利法人山形国際ドキュメンタリー映画祭理事)
若井真木子(山形国際ドキュメンタリー映画祭東京事務局/プログラムスタッフ)
聞き手:川村健一郎(立命館大学映像学部准教授)
日時:2010年1月24日(日)19:00〜

○立命館大学映像学部 現代GP「映像文化の創造を担う実践的教育プログラム」
http://www.ritsumei.ac.jp/eizo/gp/index.html
○立命館大学
http://www.ritsumei.jp/index_j.html

12/22/2009