京都工芸繊維大学大学院GPシンポジウム「建築リソースのフィロソフィー」…関西日仏学館

建築文化遺産の保護・継承における理念や現在の問題を焦点とするシンポジウム。2010年2月20日(土)
____
京都工芸繊維大学大学院の<建築リソースマネージメントの人材育成>プログラムは、近・現代の建築も含め、建築のあり方の文化による違いをふまえた上で、建築遺産を今に伝える様々な形の媒体の全体を建築リソースとして捉えて、これからの建築遺産のあり方に即した新しい枠組みの中で、過去の遺産を次代に継承して行くことを考えています。
 このプログラムの一環として、関西日仏館との共催で、世界的に著名な建築史・都市史家で、『建築遺産のアレゴリー』(1992年)という、建築遺産を考える上で非常に重要な著作のあるフランソワーズ・ジョエ氏をお招きして、建築文化遺産の理念やその保護・継承をいった問題をめぐるシンポジウムを行います。
 建築遺産の理念において世界をリードするフランスからの二人の研究者に加えて、我が国においてのこの問題の第一線で活躍する鈴木博之氏もお招きし、三つの講演を通して、建築文化遺産の<今>の諸相と理念を考える場にしたいと考えています。
(京都工芸繊維大学HPより)
http://www.kit.ac.jp/01/topics/2009/Philosophy100127.html

講演者:
鈴木博之(青山学院大学教授)
フランソワーズ・ジョエ(建築・都市史家、パリ第八大学名誉教授)
マルク・ブルディエ(パリ・ラ・ヴィレット国立高等建築学校教授)
進行役:
西田雅嗣(京都工芸繊維大学大学院准教授)

日時:2010年2月20日(土)10:00〜18:00
会場:関西日仏学館稲畑ホール
http://www.ifjkansai.or.jp/modules/contents/index.php?cat_id=69
入場無料・定員70名(先着順)
逐次通訳付き
問い合わせ先:
京都工芸繊維大学学務課学務企画係
Tel:075-724-7133
E-mail:gakumu@kit.ac.jp

○京都工芸繊維大学
http://www.kit.ac.jp/index.html

●[建築遺産]をamazonでチェック。
近代建築遺産の継承 (日仏都市会議2003 都市の21世紀 「文化をつむぎ、文化をつくる」)
建築遺産の保存 その歴史と現在 (立命館大学歴史都市防災研究センター叢書)
近代都市—19世紀のプランニング (The cities=new illustrated series)

02/03/2010