三上晴子 新作インスタレーション展「Desire of Codes|欲望のコード」…山口情報芸術センター

滞在制作による新作インスタレーションと関連展示2作品を含む大規模な個展を開催。2010年3月20日(土)〜6月6日(日)
____
「Desire of Codes」と題された新作では、YCAMのスタジオA全面を3つの作品で構成します。観客の動きとともに変化する壁面に広がるインスタレーション(参考写真)、観客の動きを追うレーザプロジェクターが搭載された6基のロボットアーム、そして、昆虫の複眼のような巨大なスクリーンが登場します。各装置は、生物が蠢くように観客の動きにあわせて一斉に動き出し、内蔵カメラが観客を監視しながら独自のデータベースを作り出します。そこに世界中で稼働する監視カメラの映像が交わり、時間や空間を断片的に組み変えながら、巨大な複眼スクリーンへと投影していきます。
本展は、プログラム言語、遺伝子暗号、個人情報など、個人の趣味趣向さえもがコード化されていく現在の社会の様相をテーマにしています。私たちが生きる環境さえも情報化される中で、「データとしての身体」「コードがもつ欲望」とは―。その変化とは―。観客自身の身体が監視と表現の対象となる本作は、私たちの存在をも問い直す意欲作となるでしょう。
(山口情報芸術センターHPより)
http://www.ycam.jp/art/2009/04/desire-of-codes—–.html

会期:2010年3月20日(土)〜6月6日(日)
休館日:火曜日(祝日の場合は翌日)
時間 :10:00〜19:00
会場:山口情報芸術センター スタジオA/スタジオB/ホワイエ
http://www.ycam.jp/access/access_a.html
入場無料

○山口情報芸術センター
http://www.ycam.jp/index.html

02/26/2010