NPO法人ウェアラブルコンピュータ研究開発機構交流会「エコ・情報社会とウェアラブル」…神戸市産業振興センター

ウェアラブルコンピューティングと暮らしの関わりを考える交流会。2010年3月23日(火)
____
エコ・情報社会が急速に展開している。おそらくこれからさまざまな分野が統合して、多くのイノベーションが生まれるものと考えられ、産業へも大きな影響を及ぼすものと考えられる。本交流会・講演会では、両者のこれからの融合と展開を考えるために、それぞれの分野にかかわりのあるいくつか視点からの講演とディスカッションを行う。くらしと社会がこれからどのように変わっていくかについて、ウェアラブルコンピューティングとのかかわりも含めて、一緒に考えたい。
(神戸リエゾン・ネットワークHPより)
http://www.kobe-liaison.net/news/NewsDetail.asp?id=762&category_id=3

日時:2010年3月23日(火)13:30〜18:00(懇親会18:30〜)
会場:神戸市産業振興センター10階レセプションルーム
http://www.kobe-ipc.or.jp/access/
参加無料(懇親会は別途3000円程度)

プログラム:
13:30〜13:50 ご挨拶「エコ社会とウェアラブル」 塚本昌彦(神戸大学大学院工学研究科教授/NPOウェアラブルコンピュータ研究開発機構理事長)
13:50〜14:30「昨今のエネルギー事情」井元孝史(関西電力株式会社研究開発室技術調査GM)
14:30〜15:10「グリーンITの動向と展望」森井昌克(神戸大学大学院工学研究科教授)
15:30〜16:10「CO2削減のためのエネルギー情報化の取り組み」松山隆司(京都大学大学院情報学研究科教授)
16:10〜16:50「スマートタップの研究開発動向」加藤丈和(京都大学大学院情報学研究科特定研究員)
16:50〜17:30「持続可能な社会へむけての社会変革手法のイノベーション」石川雅紀(神戸大学大学院経済学研究科教授) 
17:30〜18:00ディスカッション「エコ社会とウェアラブル」

参加申込・問い合わせ先:
義久(広報担当理事)yoshihisa at cmc.osaka-u.ac.jp(atを@に変換)
※下記内容を記入の上、メールにて申込。
・所属
・氏名
・懇親会の出欠
・連絡先※ E-mail、電話番号等

○チームつかもと
http://www.teamtsukamoto.sakura.ne.jp/
○神戸リエゾン・ネットワーク
http://www.kobe-liaison.net/index.asp

03/05/2010