前衛下着道−鴨居羊子とその時代 岡本太郎・今東光・司馬遼太郎・具体美術協会…川崎市岡本太郎美術館

「言葉」「絵画」「下着」に焦点を当てながら、鴨居と同時代のアーティストたちとの関係を探る。2010年4月17日(土)〜7月4日(日)
____
1950年代、大阪でジャーナリストから「下着屋・CoCoチュニック」に転身した鴨居羊子という女性がいました。鴨居は白いメリヤス下着しかなかった時代に、カラフルな色でナイロンの下着をデザインし、下着のショーや個展をするという斬新な方法で世の中にうって出、女性の意識革命を行ったのです。
 本展では鴨居羊子とその時代に触発しあったきらめく才能の関係図を探ります。マルチな才能を発揮した鴨居羊子の「言葉」「絵画」「下着」を中心に紹介し、彼女を励まし支えていた作家今東光、司馬遼太郎、グラフィックデザイナー早川良雄の資料を展示します。また鴨居が尊敬し関わった岡本太郎や写真家細江英公氏・井上博道氏が撮影した鴨居のポートレートや彼女が作った下着や人形たちの写真もあわせて紹介します。当時チュニカショーの演出に関わった同時代のアーティスト、関西の前衛美術グループ具体美術協会の美術家たちの当時の作品や記録映像も紹介します。
 また本展では、若い劇団唐ゼミ☆のメンバーが鴨居羊子とその時代を現代に通底させながら鴨居羊子の下着を展示し、新しいチュニカショーにも挑みます。
(川崎市岡本太郎美術館HPより)
http://www.taromuseum.jp/exhibition/current.html#kamoi

会期:2010年4月17日(土)〜7月4日(日)
休館日:月曜日(5月3日は開館)、 4月30日(金)、5月6日(木)
時間:9:30〜17:00(入館は閉館30分前まで)
会場:川崎市岡本太郎美術館
http://www.taromuseum.jp/useguide/access.html
観覧料:
一般800円
高大学生・65歳以上600円
中学生以下 無料

○川崎市岡本太郎美術館
http://www.taromuseum.jp/index.htm

●[鴨居羊子]をamazonでチェック。
花泥棒—細江英公写真絵本
鴨居羊子—私は驢馬に乗って下着を売りにゆきたい (人間の記録 (79))
カモイ・ヴァラエティ (鴨居羊子コレクション)
のら犬・のら猫 (鴨居羊子コレクション)

04/14/2010