静けさのなかから:桑山忠明/村上友晴…名古屋市美術館

ミニマル・アートの作家として国際的に高く評価されている桑山忠明、村上友晴を前後期の個展形式で展示。2010年4月24日(土)〜7月4日(日)
____
激動する現代社会に生きている私たちにとって、ゆったりと時間が流れる広々とした美術館において作品と向かい合い、その「静けさのなかから」密やかに現れてくるものを感じることは、疲れた心と体を癒す素晴らしい体験です。

桑山忠明と村上友晴は、二人とも日本画から出発して、現在ではミニマル・アートの文脈のなかで、国際的にも高く評価されている芸術家です。この二人が長い時間を掛けて築きあげてきた二つの世界を連続して鑑賞することは、私たちが生きていくために大切なことを思い出す絶好の機会になるでしょう。

また、本展は新作を含めた連続個展という形式で開催するものですが、各作家にとって初めての本格的な回顧展として、きわめて貴重な機会でもあります。
(名古屋市美術館HPより)
http://www.art-museum.city.nagoya.jp/tenrankai/index.html

会期:2010年4月24日(土)〜7月4日(日)
前期(桑山忠明):4月24日(土)〜5月30日(日)
後期(村上友晴):6月1日(火)〜7月4日(日)
休館日:月曜日(5月3日は開館)、5月6日(木)
時間:9:30〜17:00(金曜日〜20:00、入場は閉館30分前まで)
会場:名古屋市美術館
http://www.art-museum.city.nagoya.jp/annai.html
観覧料:
一般2回券1700円
一般1100円
高大生2回券1100円
高大生800円
小中生400円

○名古屋市美術館
http://www.art-museum.city.nagoya.jp/index.shtml

04/19/2010