マガジンカバーの世界展 …川崎市市民ミュージアム

19世紀末の雑誌表紙を紹介。2010年4月17日(土)〜6月27日(日)
____
19世紀の印刷技術の発達に伴い都市部を中心に雑誌文化が隆盛、人々の日常生活を活性化し豊かにしていきました。この現象はフランスやイギリス、アメリカ合衆国などの欧米諸国のみならず日本などアジア圏も含んで国際的に起こったもので、時間的な差異はあったとはいえほぼ同時的に顕われました。産業の発達に伴って拡張し人口増加を続ける都市全体の変容という時代背景を反映してもいます。
 ここでは当館が所蔵する19世紀末の『リール』『サヴォイ』『ココリコ』等の雑誌の表紙「マガジンカバー」を取り上げ、ロートレック、ビアズリー、ミュシャ、ヴァロットンほか当時の画家が手がけた洒脱な作品の数々を展示、19世紀末のウィットに富む都市生活と文化の一端を紹介します。
(川崎市市民ミュージアムHPより)
http://www.kawasaki-museum.jp/display/exhibition/exhibition_de.php?id=128

会期:2010年4月17日(土)〜6月27日(日)
休館日:月曜日
時間:9:30〜17:00(入館は閉館30分前まで)
会場:川崎市市民ミュージアム
http://www.kawasaki-museum.jp/guide/annai/access.html
入場無料

○川崎市市民ミュージアム
http://www.kawasaki-museum.jp/

04/21/2010