ザ・風景 ―変貌する現代の眼…名古屋ボストン美術館

ボストン美術館所蔵作品より。ホックニー、リキテンスタインら近現代の画家が、風景をいかに描いてきたかを探る。2010年4月24日(土)~9月12日(日)
____
画家は自然の美しさや雄大さ、そして都市の何気ない様子を描いてきました。そしてそれらの作品は、国や時間を越えて私たちの心を惹きつけ、想像力を駆り立ててきました。画家の目を通して表現された風景は、私たちがいかに自然とかかわり生きてきたかを映し出しており、そのあり方を考えるきっかけを与えてきました。本展覧会では、ボストン美術館が所蔵する作品を通して、ホックニー、リキテンスタイン、フランケンサーラーなど20世紀から現代にかけて活躍する画家がどのように私たちを取り囲む世界を表現してきたかを探ります。
(名古屋ボストン美術館HPより)
http://www.nagoya-boston.or.jp/exhibition/list/scene-201004/outline.html

会期:2010年4月24日(土)~9月12日(日)
休館日:月曜日(祝祭日、振替休日の場合はその翌日)
時間:10:00~19:00(土・日・祝日~17:00、入館は閉館30分前まで)
会場:名古屋ボストン美術館
http://www.nagoya-boston.or.jp/information/access/index.html
観覧料:
一般1200円
65歳以上・学生900円
中学生以下 無料
※障害者手帳等保持者はシルバー・学生料金(介助者1名無料)

○名古屋ボストン美術館
http://www.nagoya-boston.or.jp/index.html

04/22/2010