文化財の現在・過去・未来 ─デジタルとアナログ共存の意義─…立命館大学

有形・無形の文化財の保護と継承にまつわる問題は何か、デジタル・アナログが共にある時代の方策を議論する。2010年4月30日(金)、5月1日(土)
____
人類の文化活動の所産である文化財は、有形・無形問わず多様であり、多くの人々の手によって作られ、守られ、伝えられてきた。本拠点が推進している日本文化にかかわる文化財のデジタルアーカイブ化とデータベース構築は、最新の技術を駆使した文化財保護事業の先駆けであり、現在多くの機関が同様の活動を行っている。しかし、デジタル技術を用いた文化財保護・継承が隆盛となっている中で、逆に現在も昔ながらの技術を用い、アナログにこだわって、文化財を保護・継承している伝承者が数多く存在する。

本シンポジウムは、文化を継承する人間を含めたすべての事象を「文化財」として捉える。そして、デジタルとアナログ技術に携わる現在活動中の文化の作り手、担い手、伝い手たちを一堂に招き、それぞれの立場から文化財の現状をお話し頂きながら、文化財保護・継承にまつわる問題点を引き出し、デジタルとアナログが共存していくためにどのような方策を取っていくべきかを検討しながら議論することを目的とする。
(立命館大学アートリサーチセンターHPより)
http://www.arc.ritsumei.ac.jp/lib/GCOE/culturalasset/outline.html

日時:4月30日(金)13:30~17:00、5月1日(土)10:00~18:00
会場:立命館大学衣笠キャンパス創思館カンファレンスルーム
http://www.ritsumei.jp/accessmap/accessmap_kinugasa_j.html
参加無料・予約不要(定員:130名)

プログラム:
4月30日(金)第1部:文化財の過去そして現在-作る人、伝える人
13:00 受付開始
13:30「開会の挨拶」松本郁代(横浜市立大学准教授、立命館大学特別招聘准教授)
13:40「伝統色と文化財」吉岡幸雄(染織家・染司よしおか当主)
15:00「和菓子文化の伝承」中山圭子(株式会社虎屋 虎屋文庫研究主幹)
16:00「実演・和菓子制作」増戸稔(株式会社虎屋 社長室広報課)
17:00 閉会
18:00 懇親会(レストランカルム)
※懇親会は要予約。申込は下記問い合わせ先まで。

5月1日(土)第2部:文化財の現在そして未来-伝える人、守る人
9:00 開場
10:00 「東洋絵画の修復におけるデジタルとの共存」関地久治(有限会社墨仙堂代表取締役)
11:00 「コロタイプ、その文化財保存への役割―デジタルを取り入れた技術革新
       の取り組みを中心に」 山本修(株式会社便利堂コロタイプ工房長)
12:00 昼食休憩
13:30 「光を描いた男」ジョー・D・プライス(日本近世絵画コレクター)
14:50 「無形文化財を保存する」赤間亮(立命館大学大学院文学研究科教授)
15:50 「文化財保存の現在・過去・未来」彬子女王(文部科学省グローバルCOEプログラム
      「日本文化デジタル・ヒューマニティーズ拠点」ポストドクトラルフェロー)
16:20 パネルディスカッション
17:50 ご挨拶 赤間亮
18:00 閉会

問い合わせ先:
立命館大学アート・リサーチセンター 事務局
603-8577 京都市北区等持院北町56-1
電話 (ファックス)075-466-3411 ※平日 9:00〜17:30
E-Mail:arc-jimu@arc.ritsumei.ac.jp
担当:彬子女王

○立命館大学アート・リサーチセンター
http://www.arc.ritsumei.ac.jp/
○立命館大学
http://www.ritsumei.jp/index_j.html

04/22/2010