スウィンギン・ロンドン 50’s—60’s …埼玉県立近代美術館

1950〜1960年代のロンドンで、日常生活に取り入れられた各国のデザイン製品により当時のライフスタイルを振り返る。2010年7月10日(土)〜9月12日(日)
____
1950—60年代のイギリス。ファッションや工業製品がティーンエイジャーの手に届くようになると新しい都市文化が誕生します。ビートルズがアイドルとなり、モッズ・ルックやミニスカートの若者が、ベスパやミニに乗って街を駆け抜ける時代。
この展覧会では、ファッション、インダストリアル・デザイン、音楽などを通じて、当時のライフスタイルを検証します。
ヤードバーズ、レッド・ツェッペリンのギタリストとして著名なジミー・ペイジ氏から、当時使用していたエレキギターやステージ衣装が出品され、日本初公開となることも本展の大きな見所のひとつです。
(埼玉県立近代美術館HPより)
http://www.momas.jp/3.htm

会期:2010年7月10日(土)〜9月12日(日)
休館日:月曜日(ただし7月19日は開館)
時間:10:00〜17:30(入場は閉館30分前まで)
会場:埼玉県立近代美術館企画展示室
http://www.momas.jp/002annai/2.htm
観覧料:
一般1000円
大高生800円
※中学生以下、65歳以上、障害者手帳をお持ちの方(付き添い1名を含む) 無料
※会期中、ジョンレノン・ミュージアム(さいたま市)との相互割引有り

○埼玉県立近代美術館
http://www.momas.jp/

関連記事:
○スウィンギン・ロンドン 50′s-60′s -ビートルズたちが輝いていた時代-…郡山市立美術館
http://shintoshokanlab.kobe-du.ac.jp/node/35450

06/11/2010