生誕150年記念 アルフォンス・ミュシャ展…北九州市立美術館

堺市立文化館アルフォンス・ミュシャ館所蔵品の他、チェコ国内およびフランスからも作品を借用し展覧。2010年7月17日(土)〜8月29日(日)
____
1860年に現在のチェコの南モラヴィア地方に生まれたアルフォンス・ミュシャは、アール・ヌーヴォーを代表する芸術家として知られています。
ウィーン、ミュンヘンでの修業時代を経て、パリに渡り、大女優サラ・ベルナールのポスターをはじめとする数々のポスターを手がけ、時代の寵児となりました。美しい花々に彩られ、優美な曲線を描く長い髪をした女性の作品は、「ミュシャ・スタイル」と呼ばれ、今も多くの人々を魅了しています。
1900年のパリ万国博覧会でボスニア=ヘルツェゴヴィナ館の装飾を担当したりする中で、ミュシャは画家としての使命を祖国チェコとスラヴ民族の連帯に見出します。アメリカ滞在を経て、1910年50歳の時に祖国チェコに戻り、後半生はプラハ市民会館の装飾や、《スラヴ叙事詩》など、祖国に捧げた作品を数多く残しています。
今回の展覧会では、日本で最も多くのミュシャ作品を所蔵する堺市のコレクションを中心に、初期から晩年にわたる作品からミュシャの全貌に迫ります。ポスターをはじめ、油彩、素描、書籍の挿絵と装丁、彫刻などの幅広い分野の作品群約180点から、ミュシャ芸術の多様性を感じるのはもちろん、後半生を祖国に捧げたミュシャの人生から、画家にとって、私たちにとって祖国とは何かということを考える機会にもなれば幸いです。
(北九州市立美術館HPより)
http://kmma.jp/exhibition/next.html#kikaku

会期:2010年7月17日(土)〜8月29日(日)
休館日:月曜日(ただし7月19日は開館)、7月20日(火)
時間:9:30〜17:30(入館は閉館30分前まで)
会場:北九州市立美術館
http://kmma.jp/information/koutuu.html
観覧料:
一般1000円
高大生600円
小中生400円
※年長者施設利用証(北九州市交付のもの)の提示により入館 無料
※障害者手帳をお持ちの方および1から4級の方の付き添いの方1名様まで 無料

○北九州市立美術館
http://kmma.jp/index.html

関連記事:
○生誕150年記念 アルフォンス・ミュシャ展…岩手県立美術館
http://shintoshokanlab.kobe-du.ac.jp/node/35263
○三鷹市市制施行60周年 生誕150年記念 アルフォンス・ミュシャ展…三鷹市美術ギャラリー
http://shintoshokanlab.kobe-du.ac.jp/node/35435

06/15/2010