フィギュアの系譜展-土偶から海洋堂まで…京都国際マンガミュージアム

土偶・埴輪に始まる日本の人形文化から海洋堂フィギュア作品までを一堂に。2010年7月10日(土)~9月26日(日)
____
いまやコンビニなどで日常的に目にする<フィギュア>。現在、日本のフィギュア文化は、「オタク」カルチャーを飛び越えて、世界のアートシーンでも大変高い評価を受けています。
しかし、<フィギュア>を作り、愛でる文化は、現代になって突如現れたものではありません。太古の土偶や埴輪(はにわ)、お茶の間に飾られているこけし、子どものころ遊んだ「リカちゃん人形」や「ガンプラ」もすべて、現在のフィギュアにつながる<人形>文化の中で発展していったものです。
この展覧会は、土偶・埴輪に始まる日本の<人形>文化の歴史を紹介した上で、現代フィギュア文化の代名詞と言っても過言ではない海洋堂のフィギュア作品を一堂に集めた新しい<フィギュア>展です。
(京都国際マンガミュージアムHPより)
http://www.kyotomm.jp/event/spe/figures2010.php

会期:2010年7月10日(土)~9月26日(日)
休館日:水曜日(ただし7月14日~8月31日は無休)
時間:10:00~18:00(ただし7月14日~8月31日〜20:00、入館は閉館30分前まで)
会場:京都国際マンガミュージアム2階ギャラリー1・2・3
http://www.kyotomm.jp/guide/access.php
観覧料:
大人1000円
中高生500円
小学生200円

○京都国際マンガミュージアム
http://www.kyotomm.jp/

06/18/2010