大佛次郎賞受賞『近代書史』出版記念講演会:石川九楊 早わかり「書史講義」…京都会館

サントリー学芸賞受賞、大佛次郎賞受賞の書家、書道史家・石川九楊(京都精華大学教授)による講演。2010年6月27日(日)
____
「書」ーという言葉から連想しがちな、習字や書道をはるかに超えて、日本語・日本文学・日本文化の根本に、深く、広く書の宇宙が広がっています。
良寛、副島種臣、不折、碧梧桐、岡本かの子、宮沢賢治、日下部鳴鶴、比田井天来、前衛書、デザイン文字、丸文字••••••。文字の一点一画のなにげない書きぶり(書)、筆ざわり(筆蝕)から、近代・現代日本の文化と歴史の新たな姿を明るみに出します。
身ぶり、手ぶり、板書、レジュメ、映像••••••を用いて、具体的にわかりやすく伝える四話は、未来に向けて、「書く」ことの意味を説きます。
(京都精華大学HPより)
http://info.kyoto-seika.ac.jp/event/special/2010/post-101.php

○講演会HP
http://rakushokai.jp/

日時:2010年6月27日(日) 13:00〜17:00 (開場12:30)
会場:京都会館第2ホール
http://rakushokai.jp/map_kyoto.html
入場料:
前売1500円
当日2000円
※当日入場は先着順
※京都会場は一部2階席

プログラム:
第1部「早わかり中國・日本書史」
第2部「早わかり近代書史」

○京都精華大学
http://www.kyoto-seika.ac.jp/index.php
○楽書会
http://rakushokai.jp/

●[石川九楊]をamazonでチェック。
近代書史
書の終焉—近代書史論
デザインのことば (神戸芸術工科大学レクチャーブックス…1)

06/22/2010