オートバイデザインの半世紀−浜松から生まれたスズキ、ホンダ、ヤマハの世界への挑戦−…浜松市美術館

オートバイの名車約50台とパーツ、アイディアスケッチ等を紹介。2010年7月24日(土)〜8月29日(日)
____
浜松から生まれたオートバイメーカー3社は、戦後“ものづくり浜松”の発展を主導し、世界を代表する企業となりました。この半世紀の挑戦において、その性能はもちろんのことオートバイデザインは、その時代のニーズに合わせながらも、次の時代を予感させる斬新で美しいフォルムを創造し、日本のインダストリアルデザインを牽引してきたと言えます。しかし、戦後のオートバイデザインは図案・意匠と言われ、車体を覆う程度のものでしたが、デザイナー達の情熱と努力により、デザインから車体構造やエンジンが創られるという革命的な発想の転換が図られました。そして、車両本体とデザインを融合させて、機能美の追及が進められたことにより、単なる工業製品を超えた芸術性の高い数多くの名車が生まれました。
 本展では、ものづくりの街・浜松から生まれたオートバイメーカー3社の世界進出に賭けた、想像力溢れるデザインに焦点をあてて、その時代ごとの変遷とデザイン思想と戦略を、名車と呼ばれる実物のオートバイ約50台とパーツ、アイディアスケッチ、写真等で紹介します。
(浜松市美術館HPより)
http://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/artmuse/exhibition.htm#bike

会期:2010年7月24日(土)〜8月29日(日)
休館日:月曜日
時間:9:30〜17:00(7月24日10:00〜)
会場:浜松市美術館
http://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/maps/c-artmuse.htm
観覧料:
大人1000円
高校生・大学生・専門学生500円
小中生 無料
※70歳以上の方、障害者手帳をお持ちの方及び介助者1名 半額

○浜松市美術館
http://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/artmuse/

06/23/2010