水木しげる・妖怪図鑑展…兵庫県立美術館

原画の中から、代表的な妖怪88種と鬼太郎を描いたものを精選して展示。2010年7月31日(土)〜10月3日(日)
____
「ゲゲゲの鬼太郎」など妖怪漫画のヒット作で知られる水木しげる。今日私たちが思い浮かべる妖怪のイメージは、大部分を彼の作品に負っているといってよいでしょう。画業60周年と米寿を記念して開催される本展は、水木プロダクションの全面的な協力のもと、巨匠が長年に渡って描き続けた妖怪画にスポットを当てる展覧会です。
1000点以上に及ぶ原画の中から代表的な妖怪88種と鬼太郎を描いたものを精選し、驚異と幻想に満ちた水木ワールドの真髄をご覧いただきます。また、本展では、各種の百鬼夜行絵巻や妖怪の登場する浮世絵など、水木に影響を与えた過去の美術作品を展示することで、私たちのイマジネーションを無限に刺激し続ける妖怪という存在とわが国において連綿と受け継がれてきた妖怪画という文化について考察します。
さらに、併設の体験型模型展示「ゲゲゲの森の大冒険」では、水木原画を立体化した妖怪たちが登場。
「さぁ、老いも若きも妖怪の世界へLet’s 冒険じゃ!!」
(兵庫県立美術館HPより)
http://www.artm.pref.hyogo.jp/exhibition/t_1007/yokoku.html

会期:2010年7月31日(土)〜10月3日(日)
休館日:月曜日(ただし9月20日は開館)、9月21日(火)
時間:10:00〜18:00(金・土〜20:00、入場は閉館30分前まで)
会場:兵庫県立美術館
http://www.artm.pref.hyogo.jp/access_m/mapd.html#b
観覧料:
一般1300円
大学生900円
高校生・65歳以上650円
中学生以下 無料
※障害のある方とその介護の方1名 当日料金の半額(65歳以上は除く)

○兵庫県立美術館
http://www.artm.pref.hyogo.jp/index.html

07/16/2010