ここにもあった匠の技 −機械捺染−…京都工芸繊維大学美術工芸資料館

日本に始めて導入された機械捺染機であるローラー捺染機とその染色技術を、産業史や染織史、服飾史に位置づける試み。2010年8月9日(月)〜10月1日(金)
____
昭和初期にあって、庶民が普段着として身につけていた着尺地の染色の多くには、機械捺染の技法が用いられ、庶民の衣生活は大いに華やいだものとなりました。機械捺染の技法は、明治後期に西洋から京都に移植された凹型円筒捺染機つまりローラー捺染機によるものが日本における嚆矢です。その後、印刷式捺染機やスクリーン型捺染機も開発されますが、ローラー捺染機が日本に始めて導入された機械捺染機であることに加え、昭和前期あたりまで普及率が最も高く、そのために我が国では当時、機械捺染といえばローラー捺染を意味するほどでした。庶民には高嶺の花であった文様が、この量産性の高い染色技法の普及によって身近なものとなり、一般女性の多くが気軽におしゃれを楽しむことができるようになったのです。
 本展は、京都の繊維産業技術の変遷のなかに、このローラー捺染の位置づけを試みるものです。ローラー捺染は、大量生産を目指す繊維産業の近代化の流れのなかで脚光を浴びたわけですが、一方で、大量生産であるがゆえの安価な製品イメージにより、低い評価しか与えられてこなかった傾向があります。そして、近代繊維産業の調査研究の対象としても、これまで見過ごされてきました。しかし、流行や人びとの好みに柔軟に対応し、時代のデザイン傾向の形成に多大なる貢献をしたという点において、ローラー捺染は、産業史あるいは染織史や服飾史研究、さらには風俗研究などの点で、しかるべき評価がなされるべきであるように思えます。そのような観点から私たちは、明治時代後半から現代にいたるローラー捺染の実態について調査・研究を進めてきました。加えて、調査を進めていくうちに見えてきた事実は、機械生産というイメージの影にかくれていた関係者の技術開発に対する努力や匠の技です。伝統産業として注目されることの多
い友禅染や西陣織などの手工芸に関わる匠だけが、京都の地場産業としての繊維産業を支え、育ててきたのではないことに気づかされた次第です。
 現在、需要が急速に落ち込み、伝承されなかった歴史的産業技術となる可能性が否めない状況となったこの時期にあって、この技術を広く紹介し、改めてこの染色技術の意義を問い直す機会にしたいと思っております。
(京都工芸繊維大学美術工芸資料館HPより)
http://www.cis.kit.ac.jp/~siryokan/kikainasenntenn%28H22,08,09-10,01%29.html

会期:2010年8月9日(月)〜10月1日(金)
休館日:日曜日・祝日、8月12日〜8月16日
時間:10:00〜17:00(入館は閉館30分前まで)
会場:京都工芸繊維大学美術工芸資料館
http://www.kit.ac.jp/01/01_110000.html
入館料:
一般200円
大学生150円
高校生以下 無料

○京都工芸繊維大学美術工芸資料館
http://www.cis.kit.ac.jp/~siryokan/
○京都工芸繊維大学
http://www.kit.ac.jp/index.html

関連記事:
○近代日本のグラフィックデザイン −大正・昭和のポスターを中心に−…京都工芸繊維大学美術工芸資料館
http://shintoshokanlab.kobe-du.ac.jp/node/35596

08/06/2010