桑久保徹 海の話し 画家の話し…トーキョーワンダーサイト渋谷

アーティスト・ファイル2010出展作家の桑久保徹の新作および代表作を展示。2010年8月7日(土) 〜9月26日 (日)
____
桑久保徹は1978年生まれのアーティストで、2002年にトーキョーワンダーウォールに入選後、トーキョーワンダ―サイトにおいて、「TWS-Emerging 038 うみべたの画家」(2003年、TWS本郷-個展)を経て、GEISAI#5(2004年)、「フロム・スクラッチ BLOOMFIELD」(2005年、TWS渋谷)、「SCENERY OF TOMORROW」(2007年、ベンディクセン・コンテンポラリー・アート, コペンハーゲン)、「ポートレイト・セッション」(2007年、広島市現代美術館)、「アーティストファイル2010」(2010年、国立新美術館)、「Out of Noise」(2010年、ギャラリー・ヒュンダイ、ソウル)など、国の内外の個展、グループ展に参加する活躍目覚ましいアーティストです。
 本展は初公開となる最新作を中心に、さらに代表的なペインティングのシリーズ、ドローイングを加え、これまでの軌跡を辿る構成となっております。制作は架空の画家を設定し、自らそれを演じながら描くといった方法で行われ、油絵具を分厚く盛り上げるタッチにはあたかも印象派の技法を思わせるものがあります。モチーフには海が多く用いられ、そこに表される、海辺に穴を掘る人々や海面を漂う花々、海辺に繰り広げられる不思議な光景などが、その心象風景とでも言うべき独特の場所へと観る者を誘います。また開催に際し、最新作の図版を含むカタログを刊行いたします。
(トーキョーワンダーサイト渋谷HPより)
http://www.tokyo-ws.org/shibuya/index.html

会期:2010年8月7日(土) 〜9月26日 (日)
休館日:月曜日(ただし9月20日は開館)、9月21日(火)
時間:11:00〜19:00
会場:トーキョーワンダーサイト渋谷
http://www.tokyo-ws.org/shibuya/map.html
入場無料

○トーキョーワンダーサイト
http://www.tokyo-ws.org/index.html

08/18/2010