ウィリアム・モリス-ステンドグラス・テキスタイル・壁紙 デザイン…うらわ美術館

2010年9月11日(土)~10月31日(日)
普段あまり紹介されることがないステンドグラス作品をフィルムにて再現。そのほか、壁紙、テキスタイルやタイル、本など約90点を展覧。

19世紀後半のイギリスで、多彩な才能を発揮させたウィリアム・モリス(1834-96)。モリスは、工芸家、画家、詩人、出版人、そして社会主義思想家として幅広く活躍しました。中でも室内装飾の総合的なデザインを通して「生活の芸術化」を図った彼は、モダン・デザインの父、あるいは先駆と呼ばれています。産業革命後の急激な近代化・工業化の中で、自然の草花や鳥をモチーフに流麗な線と美しい色彩で構成された彼のデザインは、当時の人々の目を大いに楽しませたことでしょう。また、丁寧な手仕事と美しいデザインによって生み出された作品は、100年以上たった今も輝きを失わず新鮮です。
  本展は、友人の画家バーン=ジョーンズらとの共同作業によるステンドグラスの、フィルムによる再現約20点をはじめ、モリスや彼の仲間達のデザインによる壁紙、テキスタイルやタイル、本等、約90点で構成されます。中でも初期の重要な仕事であるステンドグラスはこれまであまり紹介されることがありませんでした。建築空間から卓上ランプまで、生活の隅々にまで渡るモリスの世界をお楽しみ下さい。
(うらわ美術館HPより)
http://www.uam.urawa.saitama.jp/tenran.htm

会期:2010年9月11日(土)~10月31日(日)
休館日:月曜日 (ただし9月20日、10月11日は開館)、9月21日(火)、10月12日(火)
時間10:~17:00(土曜日・日曜日~20:00、入場は閉館30分前まで)
会場:うらわ美術館ギャラリーA・B・C
http://www.uam.urawa.saitama.jp/kotsu.htm
観覧料:
一般500円
大高生300円
中小生150円
※9月19日(日)~9月25日(土)は「敬老の日」週間のため65歳以上 無料

○うらわ美術館
http://www.uam.urawa.saitama.jp/index.htm

08/25/2010