パリで暮らす、つくる。−創立110周年記念展 女子美パリ賞+α−…女子美アートミュージアム

2010年9月17日(金)〜10月24日(日)
パリ国際芸術都市に1年間の滞在制作ができる「女子美パリ賞」。第10回までの受賞作家の作品を展示。また受賞者たちのフランスでの生活も紹介。

「女子美パリ賞」は、女子美術大学創立100周年記念に創設された大村文子基金による、大学院生および卒業生を対象とした賞です。受賞者は、女子美術大学が所有するパリ国際芸術都市(シテデザール)のアトリエに研究員として1年間滞在し、制作・研究に励みます。

 今回の展覧会では、第10回までの女子美パリ賞受賞アーティストの作品を紹介するとともに、関連企画では女子美術大学の学生が「+α」としてコラボレーションし、受賞者たちのフランスでの暮らしや、制作の様子も紹介します。
(女子美術大学HPより)
http://www.joshibi.ac.jp/tagblocks/museum/news/museumlist/0000001970.html

会期:2010年9月17日(金)〜10月24日(日)
休館日:火曜日
時間:10:00〜17:00(入館は閉館30分前まで)
会場:女子美アートミュージアム
http://www.joshibi.ac.jp/siteinfo/access/sagamihara.html
入館料:
一般300円
※学生、未就学児、65歳以上、身体障害者手帳をお持ちの方 無料
※10月10・11日、10月22〜24日は無料

○女子美術大学
http://www.joshibi.ac.jp/

08/30/2010