ボストン美術館浮世絵名品展 錦絵の黄金時代~清長、歌麿、写楽…名古屋ボストン美術館

2010年10月9日(土)~2011年1月30日(日)
日本初公開の浮世絵多数。約140点を厳選して紹介。

会期:2010年10月9日(土)~2011年1月30日(日)
休館日:月曜日
時間:10:00〜19:00(土・日・祝〜17:00、入館は閉館30分前まで)
会場:名古屋ボストン美術館
http://www.nagoya-boston.or.jp/information/access/index.html
観覧料:
一般1400円
シルバー・学生1200円
中学生以下 無料

■展覧会公式HP
http://ukiyoe.exhn.jp/index.html
■名古屋ボストン美術館
http://www.nagoya-boston.or.jp/index.html

内容:
ボストン美術館の5万点にのぼる浮世絵版画コレクションは、貴重な作品群の宝庫として知られています。加えてこれまでほとんど公開されてこなかったため、 このコンデションは抜群です。前回の「浮世絵名品展」第1弾でヴェールを脱いだコレクションは、どれも摺られた当時のような鮮やかな発色で、これまでの浮 世絵観を変えてしまうほどセンセーショナルなものでした。
待望の第2弾となる今回は、清長、歌麿、写楽などご存知の浮世絵師が活躍した天明・寛政年間(1781-1801)の作品を中心に紹介します。町人文化が 花開いたこの時代は、個性豊かな絵師たちが、これまでにない斬新な構図と色合いの作品を次々と生み出し、まさに錦絵の黄金時代でした。極めて珍しい清長の 初期作品や歌麿の役者絵、歌麿芸術の絶頂期とされる雲母摺(きらずり)の美人大首絵、そして21点の写楽の役者絵など選りすぐりの名品約140点を一堂に 公開します。
(名古屋ボストン美術館HPより)
http://www.nagoya-boston.or.jp/exhibition/list/nishikie-201010/outline.html

09/28/2010