東京アートミーティング トランスフォーメーション…東京都現代美術館

2010年10月29日(金)~2011年1月30日(日)
「変身-変容」をテーマに人間とそうでないものとの境界を探る展覧会。

会期:2010年10月29日(金)~2011年1月30日(日)
休館日:月曜日(ただし1月3日、1月10は開館)、12月29日〜1月1日, 1月11日(火)
時間:10:00〜18:00(入場は閉館の30分前まで)
会場:東京都現代美術館企画展示室1F, 3F, アトリウム
http://www.mot-art-museum.jp/access/index.html
観覧料:
一般1300円
大学・専門学校生・65歳以上1000円
中高生650円
小学生以下 無料

※同時開催の「オランダのアート&デザイン新言語」との共通チケット
一般1800円
大学・専門学校生・65歳以上1400円
中高生900円

■東京都現代美術館
http://www.mot-art-museum.jp/index.html

内容:
生きることは変わること。 細胞や知識の更新、時代、環境との出会い、また想像力によって、日々私たちは変わっていきます。
この展覧会は、「変身-変容」をテーマに人間とそうでないものとの境界を探るものです。古今東西、変身をテーマにしたイメージや芸術は多くつくられてきました。特に日本においては、昔話から現代の漫画やアニメのキャラクターに至るまで、豊かなイメージが溢れています。
では今、なぜ「変身-変容」なのか?インターネットやグローバル経済、テクノロジーの発達によって、従来の社会に属する「人間」という形がぶれはじめ、その存在には、かつてないほどの多様性が生まれつつあります。
本展では、動物や機械、想像上の生き物、異なる遺伝子組成をもつ体など、人とそうでないものの間を横断する多様なイメージが、絵画、彫刻、映像、アーカイヴ、シンポジウムなどを通して展開されます。そこで表現される「変身-変容」する形は、私たちの夢や希望、おそれをひとつの予兆として映し出します。 1980年代から現在にわたり15カ国21組のアーティストたちによってつくられた作品を通して、今、変わることの可能性と意味を伝えます。

東京アートミーティングとは
現代アートを中心に、デザイン、建築などの異なる表現ジャンル、およびその他の専門領域が出会うことで、新しいアートの可能性を提示します。第一回目は、「トランスフォーメーション」のテーマのもと、アートと人類学が出会います。東京藝術大学とも連携し、「東京藝大トランスWEEKS」として、将来世代の育成を図るための展示、パフォーマンス、シンポジウムなどを開催します。
(東京都現代美術館HPより)
http://www.mot-art-museum.jp/exhibition/118/2

09/30/2010