鈴木清写真展 百の階梯、千の来歴…東京国立近代美術館

2010年10月29日(金)~12月19日(日)
鈴木清の8冊の写真集からの作品を紹介。あわせて写真集のダミーや個展会場の手描き図面等も展示する。

会期:2010年10月29日(金)~12月19日(日)
休館日:月曜日
時間:10:00〜17:00 (金曜日〜20:00、入館は閉館30分前まで)
会場:東京国立近代美術館本館ギャラリー4(2F)
http://www.momat.go.jp/Honkan/map.html
観覧料:
一般420円
大学生130円
高校生以下および18歳未満 無料
65歳以上 無料
障害者手帳をお持ちの方とその付添者(1名) 無料

内容:
写真集というメディアが、今日、改めて注目されています。綴じられたページをめくることで現われるイメージどうしが、連鎖し、響きあい、そこにひとつの小世界が立ちあがる。そんな写真集独特の可能性を、ひときわユニークな手法で探究しつづけた写真家鈴木清(1943-2000)。その仕事は近年、世界的に注目されています。
鈴木清の作品を顧みるうえで「書物」は重要なキーワードです。読書家であり、愛読書から得たインスピレーションをしばしば自らの写真の指針としたということだけでなく、彼自身の写真集が、いずれも「書物」と呼ぶにふさわしいものだったからです。
炭鉱という自らの出自に関わる場や、同時代の社会、旅の時間や文学作品などをモティーフに、眼の前の現実と夢や記憶が自在に交錯する、重層的な作品世界が展開された鈴木の写真集は、まさに繰り返し読み込まれるべき「書物」としての奥行きを獲得していました。
今回の展覧会では、『流れの歌』(1972)や『天幕の街』(1982)、『夢の走り』(1988)など、8冊の写真集それぞれからの作品を紹介するとともに、写真集のダミーや個展会場の手描き図面など、鈴木独特の手作業を通じた創作のプロセスにも注目しつつ、その作品世界の全体像を探ります。
(東京国立近代美術館HPより)
http://www.momat.go.jp/Honkan/suzuki_kiyoshi/index.html

10/12/2010