森村泰昌:なにものかへのレクイエム—戦場の頂上の芸術…広島市現代美術館

2010年10月23日(土)〜2011年1月10日(月・祝)
20世紀を象徴する「男」や「芸術家」に扮した森村泰昌の作品を紹介。

会期:2010年10月23日(土)〜2011年1月10日(月・祝)
休館日:月曜日(ただし1月3日は開館)、12月27日〜1月1日、1月4日(火)
時間:10:00〜17:00(11月3日〜19:00、入館は閉館30分前まで)
会場:広島市現代美術館
http://www.hcmca.cf.city.hiroshima.jp/web/main/visit.html#2
観覧料:
一般1000円
大学生700円
高校生500円

■広島市現代美術館
http://www.hcmca.cf.city.hiroshima.jp/web/index.html

内容:
美術家、森村泰昌は、80年代より一貫して自らの身体を媒介とし、別の人物に変身するセルフポートレイトを発表してきました。
本展で森村は、60〜70年代の激動の時代を彩った男たち—淺沼稲次郎(淺沼事件)、オズワルド(ケネディ暗殺事件)、三島由紀夫(三島事件)、また、独裁者、ゲバラ、毛沢東、レーニンなど、自ら築き上げた一時代に君臨し、20世紀の歴史に刻まれた男たち、そして、ピカソ、デュシャン、ポロック、ウォーホルなど前世紀の美術界をリードした芸術家に扮し、過去との対話に臨みます。さらに、第二次世界大戦終戦の1945年に焦点を合わせ、タイムズ・スクエアの終戦記念パレード、硫黄島の星条旗といった有名な報道写真を題材として、現代的な解釈を加えながら20世紀を振り返り、過去の歴史を現代に蘇らせることを試みます。
森村泰昌という一人の現代美術家による報道写真、肖像写真の創造的な再解釈を通して、大きなスケールで20世紀の歴史/記憶を振り返る試みとなる本展は、ジャーナリズムとアート、現実と虚構、過去と現在といった対立的な概念や価値基準に疑問を付し、現代において過去を見つめ直す契機となるでしょう。
(広島市現代美術館HPより)
http://www.hcmca.cf.city.hiroshima.jp/web/main/morimura.html

10/13/2010