ラファエル前派からウィリアム・モリスへ…横須賀美術館

2010年10月30日(土)~12月26日(日)
ロセッティやバーン=ジョーンズ等、ラファエル前派を代表する画家の絵画約80点とアーツ・アンド・クラフツ運動期のデザイン作品を展示。

会期:2010年10月30日(土)~12月26日(日)
休館日:11月1日(月)、12月6日(月)
時間:10:00〜18:00
会場:横須賀美術館
http://www.yokosuka-moa.jp/outline/index.html
観覧料:
一般1000円
高大・65歳以上800円
中学生以下無料
※市内在住在学の高校生無料
※11月3日(水)は無料観覧日

■横須賀美術館
http://www.yokosuka-moa.jp/index.html

内容:
ラファエル前派は、1848年、ヴィクトリア朝のイギリスで結成された芸術家のグループです。画壇の刷新をめざして集まった画家志望の若者たちは、自然を見つめ、伝説や神話に取材しながら、詩情に富んだ作品を生み出してゆきます。本展では、ロセッティ、バーン=ジョーンズなどラファエル前派を代表する画家の絵画約80点を紹介します。また、ラファエル前派の理想に共鳴して活動したウィリアム・モリスのデザイン作品なども合わせて展示します。出品作品数は約25作家100余点に及び、その大半が、イギリスやオーストラリアの美術館所蔵の作品です。絵画からインテリアまで、当時の社会を幅広く、そして華やかに彩った19世紀末イギリス芸術の成果をぜひともご覧ください。
(横須賀美術館HPより)
http://www.yokosuka-moa.jp/exhibit/kikaku/882.html

10/16/2010