Exhibition as media 2010『SHINCHIKA SHINKAICHI(シンチカシンカイチ)』

2010年11月15日(月)〜12月5日(日)
関西での本格的な個展は初めて。勝村富貴、久門剛史、藤木倫史郎、藤野洋右、吉川辰平の5名からなるアーティストユニット「SHINCHIKA( シンチカ)」を紹介。

会期:2010年11月15日(月) ~ 12月5日(日)
休館日:火曜日(ただし11月23日は開館)、11月24日(水)
時間:12:00〜19:00(最終日〜17:00)
会場:神戸アートビレッジセンター1F/KAVC ギャラリー、1room B1/KAVC シアター 他
http://kavc.or.jp/map/index.html
入場無料

■神戸アートビレッジセンター
http://kavc.or.jp/index.html

内容:
神戸アートビレッジセンターは2010 年11 月15 日(月)から12 月5 日(日)まで「Exhibition as media2010( メディアとしての展覧会)『SHINCHIKA SHINKAICHI(シンチカシンカイチ』」を開催します。本企画は開館の96 年から10 年間開催した若手芸術家育成企画「神戸アートアニュアル」の実績を元にそのセカンドステージを築くべく2007 年より始動したアートイニシアティヴ・プロジェクトです。今回は勝村富貴、久門剛史(「神戸アートアニュアル2004」出品)、藤木倫史郎、藤野洋右、吉川辰平の5名からなるアーティストユニット「SHINCHIKA( シンチカ)」を迎えます。SHINCHIKA は2002 年大阪の新世界にある「新世界国際地下劇場」からインスピレーションを受け結成された娯楽チームです。記憶や都市、個人的な物語のイメージの断片をインターネットを利用して編集することにより、映像、作詞、作曲、立体インスタレーションなど幅広い表現を手がけています。
本展では、関西での本格的な個展は初めてとなるSHINCHIKA の代表的な映像作品をKAVC スペシャルバージョンで上映し、作品間をお祭り的な雰囲気を創出する新作映像で構成します。また、さまざまなメディアを駆使して、当センターが立地する「新開地」のエッセンスを取り入れた新作をメンバーそれぞれがセンターの各所で展開します。SHINCHIKA としての作品と個々の作品を通して、エネルギッシュで遊びごころ溢れるSHINCHIKA ワールドをお楽しみ下さい。
(プレスリリースより)
http://kavc.or.jp/art/index.html

10/18/2010