杉本博司 アートの起源|科学…丸亀市猪熊弦一郎現代美術館

2010年11月21日(日)〜2011年2月20日(日)
1年間にわたって開催される4つの杉本博司展の第1弾。

会期:2010年11月21日(日)〜2011年2月20日(日)
休館日:12月25日〜12月31日
時間:10:00−18:00(入館は閉館30分前まで)
会場:丸亀市猪熊弦一郎現代美術館
http://mimoca.org/access.html
料金:
一般950円
大学生650円
高校生以下無料
市内在住の65歳以上の方無料
障害者手帳をお持ちの方無料
※年間パスポート:2500円

■丸亀市猪熊弦一郎現代美術館
http://mimoca.org/index.html

内容:
丸亀市猪熊弦一郎現代美術館では、2010年11月から1年間にわたって4つの杉本博司展を開催します。
 
1970年代半ばより写真家として活動を始めた杉本の、考え抜かれたコンセプトと最高の技術によって生み出された作品は、世界中の人々を驚かせ、絶賛されてきました。この突出した才能を持つ杉本の芸術をご紹介するにあたり、今回、一人の作家について内容の異なる展覧会を次々と開催するという、まったく新しい試みに取り組みます。優れた作品を脈々と制作してきた杉本だからこそ可能となったこの度の企画は、新作を含む作品を「科学」、「建築」、「歴史」、「宗教」の4つのキーワードで分類し、その全貌を明らかにしようとするものです。1年間、連続する展覧会は杉本の作品世界の起源を知るものであると同時にアートの起源、ひいては人間の意識の起源をも辿るものとなります。また、杉本が自身の制作を触発するものとして集めたコレクションも作品とあわせて展示します。この二つをともに見ることによって、起源を辿る道はさらに大きく私たちの前に開かれることでしょう。
(丸亀市猪熊弦一郎現代美術館HPより)
http://mimoca.org/event3_9.html

11/10/2010