カールステン・ニコライ+マルコ・ペリハン 新作インスタレーション「polarm[ポーラーエム]」…山口情報芸術センター

2010年11月13日(土)〜2011年2月6日(日)
空間/時間への感覚の変化を捉える環境観測の方法を提案するインスタレーション作品。

会期:2010年11月13日(土)〜2011年2月6日(日)
休館日: 火曜日(祝日の場合は翌日)、12月28日〜1月4日
時間:10:00〜19:00
会場:山口情報芸術センタースタジオA /
http://www.ycam.jp/access/access_a.html
入場無料

■山口情報芸術センター
http://www.ycam.jp/index.html

内容:
本展は、世界的に活動を続けるカールステン・ニコライ(ドイツ)とマルコ・ペリハン(スロヴェニア)の2人のアーティストがコラボレーションし、10年に 1度、それぞれの時代の最新の情報技術から、空間/時間への感覚の変化を捉える環境観測の方法を提案し、インスタレーション作品として展示するものです。
2000年には、展覧会「polar[ポーラー]」が日本で初公開され、「情報としての地球」「環境への眼差し」を強調する先見的なアイデアは、「アルス・エレクトロニカ」(オーストリア、リンツ)にて、ゴールデン・ニカ(大賞)を受賞など、国際的にも高く評価されました。
それから10年を経た本展では、高度情報化が浸透した社会を探索する方法として、放射線データに着目しています。人間社会に留まらないすべての存在を、放射線データとの関係から描き出す独自のプラットフォームを提示し、映像やサウンドによって可視化する作品は、情報が組織する新たな環境への体験をもたらします。
(山口情報芸術センターHPより)
http://www.ycam.jp/art/2010/03/-polar.html

11/16/2010