話の話 Tale of Tales ロシア・アニメーションの巨匠 ノルシュテイン&ヤールブソワ…足利市立美術館

2010年12月11日(土)〜2011年1月23日(日)
ロシアを代表するアニメーション作家ユーリー・ノルシュテイン夫妻の作品世界を紹介。

会期:2010年12月11日(土)〜2011年1月23日(日)
休館日:月曜日(ただし1月10日は開館)、12月24日(金)、12月29日〜1月3日、1月11日(火)
時間:10:00〜18:00(入館は閉館30分前まで)
会場:足利市立美術館
http://www.watv.ne.jp/~ashi-bi/
観覧料:
一般700円
大学・高校生500円
中学生以下無料
※障がい者手帳をお持ちの方無料
※12月19日(日)、1月16日(日)は「家庭の日」で中学生以下のお子様同伴のご家族は無料

■足利市立美術館
http://www.watv.ne.jp/~ashi-bi/

内容:
本展は、ロシアのみならず世界を代表するアニメーション作家ユーリー・ノルシュテイン (1941- )と、その多くの作品の美術監督を務めるフランチェスカ・ヤールブソワ(1942- )夫妻のこれまでで最大の展覧会です。
 展覧会のタイトル「話の話」は、ノルシュテインの経験や思い出にもとづく長編アニメーション映画の題名からとりました。1979年に制作されたこの映画は国際アンケートによって「歴史上、世界最高のアニメーション」に選ばれました。「映像の詩人」とも呼ばれるノルシュテインの作品は、鋭い観察眼により創り出され、人間や世界に対する深い愛情に満ちています。マルチプレーンと呼ばれる多層のガラス板に切り絵を配置する手法によって丹念に生み出された繊細で深みのある空間は、アニメーション・ファンのみならず世界中の映像作家をも魅了してきました。
 本展では、ノルシュテインが監督をした8つのアニメーションを中心に、ヤールブソワの美しいエスキースや絵本原画、マルチプレーンを展覧会用に再現したマケットを交え、夫妻の創造の過程、映画完成後の展開を約800点の作品により紹介いたします。
(足利市立美術館HPより)
http://www.watv.ne.jp/~ashi-bi/

11/30/2010