ポーランドの至宝 -レンブラントと珠玉の王室コレクション-…広島県立美術館

2010年12月15日(水)~2011年1月12日(水)
王宮に伝わる絵画、工芸、彫刻等を展覧。日本初公開となるレンブラント作品も2点。

会期:2010年12月15日(水)~2011年1月12日(水)※会期中無休
時間:9:00~17:00(12月15日は10時から、1月1日以外の土曜日は19時まで、12月24日は20時まで、入館は閉館の30分前まで)
会場:広島県立美術館
http://www1.hpam-unet.ocn.ne.jp/accsess/index.html
入館料:
一般1200円
高・大学生800円
小・中学生600円

■広島県立美術館
http://www1.hpam-unet.ocn.ne.jp/index.html

内容:
ポーランドの首都ワルシャワにあるワルシャワ王宮と古都クラクフのヴァヴェル城に伝わる絵画や工芸の名品の中から、レンブラントやカナレットなど巨匠たちの作品や19世紀ポーランドの写実派から印象派までの近代絵画,ポーランド王家に伝わる宝飾品など約100点で構成。ポーランド王宮のコレクションを紹介する日本で初めての本格的な展覧会です。 
コペルニクス、ショパン、キュリー夫人など、ポーランド出身の偉人に関連する資料もあわせると約140点にもなる展示をとおして、ポーランド文化の奥深さをご紹介します。
(広島県立美術館HPより)
http://www1.hpam-unet.ocn.ne.jp/exhibition/poland/index.html

12/03/2010