筆墨精神−中国書画の世界−…京都国立博物館

2011年1月8日(土)~2月20日(日)
朝日新聞社の創業者の一人・上野理一によって収集された上野コレクション。寄贈50周年記念展。

会期:2011年1月8日(土)~2月20日(日)
休館日:月曜日(ただし1月10日は開館)
時間:9:30〜18:00(金曜日〜20:00、入館は閉館30分前まで)
会場:京都国立博物館特別展示館
http://www.kyohaku.go.jp/jp/tokubetsu/110108/tokubetsu.html
観覧料:
一般1200円
大学・高校生800円
中学・小学生400円
障害者の方と介護者1名は無料

■展覧会公式HP
http://www.asahi.com/ueno-collection/
■京都国立博物館
http://www.kyohaku.go.jp/jp/index_top.html

内容:
京都国立博物館収蔵の中国書画の中核をなす上野コレクションは、朝日新聞社の創業者の一人、上野理一(りいち)によって収集され、子息である上野精一(せいいち)により、昭和35[1960]年2月に寄贈されたものです。
 上野コレクションは、明清時代の書画を中心に法帖など書跡76件、絵画87件の163件に及んでおり、書跡の中には朱子学の祖として知られている朱熹(しゅき)自筆の『論語集註草稿』や書聖王ぎ之(おうぎし)の草書を今に伝える「宋拓十七帖(そうたくじゅうしちじょう)」などがあります。ことに「宋拓十七帖」は、現存する十七帖の中でも屈指の名帖として名高いものです。 また絵画の中には、重要文化財に指定されている清時代のうん寿平(うんじゅへい)が描いた「花お夕陽図(かおせきようず)」も含まれています。寄贈50周年を記念し、これらの優品とともに関連する作品もあわせて、国宝10件、重要文化財23件を含む約110件を展示し、幽玄な中国書画の世界をたどります。
(展覧会公式HPより)
http://www.asahi.com/ueno-collection/

12/15/2010