セーヌの流れに沿って 印象派と日本人画家たちの旅…ひろしま美術館

2011年1月3日(月)〜2月27日(日)
セーヌ川流域を5つの地域に分け、それらを描いた19世紀半ばから20世紀の作品約120点を紹介。

会期:2011年1月3日(月)〜2月27日(日)※会期中無休
時間:9:00〜17:00(入館は閉館30分前まで)
会場:ひろしま美術館
http://www.hiroshima-museum.jp/access
入館料:
一般1200円
65歳以上600円
高大生900円
小中生
※障害者手帳をご持参の方は、ご本人と同伴者1名まで無料。

■ひろしま美術館
http://www.hiroshima-museum.jp/seine

内容:
パリの美しい風景の多くは、街の中央部を東から西へと流れるセーヌ川の中の島と左右の河岸に広がっています。ノートルダム大聖堂、パリ市庁舎、エッフェル塔、そしてセーヌに架かる数々の橋がこの街を象徴する都市景観を作り、幾多の画家によって描き続けられてきました。しかし、郊外に出ればセーヌはまた違った顔を持ち、その特徴ある風景を支えて、画家たちのインスピレーションの源泉となりました。上流のセーヌとロワン川の合流地点の周辺はイルド=フランスの水辺を描き続けたシスレーの舞台、ロワン河畔のグレーは黒田清輝が訪れて以来、日本の画家たちの巡礼の地でした。パリから下流に目を向ければ、アニエール、アルジャントゥイユ、クロワシー、ブージヴァルなど、19世紀半ばからパリっ子たちの気軽な行楽地となったセーヌ河畔の集落が続きますが、これらはまたこの地で戸外制作をしたモネ、ルノワールらが印象主義の方法を発見し培った場所でもあります。さらに下流にいくと、モネが後半生を過ごし、睡蓮の池などの連作を制作したジヴェルニーからルーアンへ、そしてセーヌはノルマンディー海岸へと流れ込みます。モネの生誕の地である河口の街ル・アーヴルをはさんで、その両岸の英仏海峡を望む海岸線は、変化に富んだ地形や千変万化する陽光を反映する空と海など、魅力的なモティーフを東西の画家たちに提供してきました。
 本展は、セーヌ川流域を5つの地域に分け、それらを描いた19世紀半ばから20世紀にかけての作品120余点を紹介するものです。印象派の展開、近代都市パリの相貌、田園と都市、日本人画家とフランスなど、さまざまな視点から見たセーヌの豊かなイメージをお楽しみください。
(ひろしま美術館HPより)
http://www.hiroshima-museum.jp/seine_gaiyou

12/21/2010