没後120年ゴッホ展…九州国立博物館

2011年1月1日(土・元日)〜2月13日(日)
日本初公開作品を含む油彩35点、版画・素描約30点、関連作家の油彩画約30点ほかを展示。

会期:2011年1月1日(土・元日)〜2月13日(日)
休館日:1月17日(月)、1月31日(月)
時間:9:30〜17:00(入館は閉館30分前まで)
会場:九州国立博物館3階特別展示室
http://www.kyuhaku.jp/visit/visit_map.html
観覧料:
一般1500円
高大生1000円
小中生600円
障がい者等とその介護者1名まで無料

■九州国立博物館
http://www.kyuhaku.jp/index.html

内容: 
 オーヴェール=シュル=オワーズで亡くなる一カ月あまり前、ファン・ゴッホは妹のウィレミーナに宛ててこのように書きました。100年後を生きる人々の心にも届く作品を残したい─そのファン・ゴッホの望みは見事に叶えられ、没後120年を経た今もなお私たちの心を揺さぶり続けています。
 2010年はフィンセント・ファン・ゴッホ(1853─1890)が没して120年目にあたります。今回のゴッホ展では、オランダのファン・ゴッホ美術館とクレラー=ミュラー美術館という2大コレクションの全面協力のもと、ゴッホの油彩画36点、版画・素描32点と、ゴッホに影響を与えたモネ、ロートレック、スーラなどの油彩画等を含めた122点の作品によってファン・ゴッホ芸術の誕生の謎に迫ります。どうぞご期待ください。
(九州国立博物館HPより)
http://www.kyuhaku.jp/exhibition/exhibition_s22.html

12/22/2010