棟方志功 祈りと旅 展…静岡市美術館

2011年2月11日(金・祝)〜3月27日(日)
没後35周年を記念して、棟方志功の足跡を示す約330点の作品を紹介。

会期:2011年2月11日(金・祝)〜3月27日(日)
休館日:月曜日(ただし3月21日は開館)、3月22日(火)
時間:10:00〜19:00(入場は閉館30分前まで)
会場:静岡市美術館
http://www.shizubi.jp/museum_guide/index.php
観覧料:
一般1000円
大高生・市内70歳以上600円
中学生以下無料
※障害者手帳等をご持参の方および介助者1名は無料

■静岡市美術館
http://www.shizubi.jp/index.php

内容:
棟方志功(むなかたしこう)は、「版画」を「板画(はんが)」と称し、従来の常識にとらわれない、奔放なエネルギーに満ちた大型の作品を次々と発表した、日本を代表する木版画家です。戦前より評価を高め、昭和30(1955)年のサンパウロ・ビエンナーレ、昭和31(1956)年のヴェネツィア・ビエンナーレでは日本人初の版画部門最高賞を受賞し、昭和50(1975)年に72歳で天寿を全うするまで、旺盛な創作活動を続けました。
本展では、没後35周年を記念して、「祈りと旅」をテーマに、棟方志功の足跡を約330点の作品でご紹介します。「二菩薩釈迦十大弟子(にぼさつしゃかじゅうだいでし)」や、全長26mに及ぶ大作「大世界の柵」などの代表作を網羅するとともに、文学や女性を主題にした作品や、静岡市出身の工芸家・芹沢銈介(せりざわけいすけ)ともゆかりの深い、民芸運動との関わりを示す作品をご紹介します。
また、現代の「東海道五十三次」として昭和38(1963)年に制作された「東海道棟方板画(とうかいどうむなかたはんが)」では、静岡の宿場町も多く描かれました。昭和45(1970)年から日本各地を旅行し、風景を題材に制作した「海道シリーズ」と併せて、それらを一挙公開します。
板画を創作の中心に据えながら、自ら倭絵(やまとえ)と命名した肉筆画や、油彩画、書、陶磁器など、幅広い活動を展開した棟方志功。その生涯にわたる芸業をどうぞお楽しみ下さい。
(静岡市美術館HPより)
http://www.shizubi.jp/exhibition/110211_01.php

01/21/2011