「日本画」の前衛 1938-1949…広島県立美術館

2011年2月22日(火)~3月27日(日)
1938年に結成された歴程美術協会が試みた、日本画における「前衛」を紹介。

会期:2011年2月22日(火)~3月27日(日)
休館日:月曜日(ただし3月21日は開館)
時間:9:00~17:00(土〜19:00、ただし2月22日は10:00~、入館は閉館30分前まで)
会場:広島県立美術館
http://www1.hpam-unet.ocn.ne.jp/accsess/index.html
入館料:
一般1000円
高・大学生600円
小・中学生400円

■広島県立美術館
http://www1.hpam-unet.ocn.ne.jp/index.html

内容:
本展覧会は、「日本画」の革新的表現を求めるいわゆる「前衛」動向に焦点を当てたものです。とりわけ、1938年に組織された歴程美術協会、戦後いちはやく結成されたパンリアルなどに着目。「洋画」との相互影響についても探りながら、広島出身の丸木位里、船田玉樹といった作家を含め、終戦をはさむ激動の時代の中で、「日本画」がいかなる表現を追求してきたか、その足跡を約80点の作品と貴重な資料等によって紹介します。
(広島県立美術館HPより)
http://www1.hpam-unet.ocn.ne.jp/exhibition/avantgarde/index.html

01/27/2011