第50回消費者のためになった広告コンクール展…アド・ミュージアム東京

2011年1月18日(火)〜2月27日(日)
「消費生活の指針となり、真に役立つ優れた広告」を選出する消費者のためになった広告コンクールの入賞作品展。

会期:2011年1月18日(火)〜2月27日(日)
休館日:月曜日
時間:11:00〜18:30(土日祝〜16:30、入館は閉館30分前まで)
会場:アド・ミュージアム東京
http://www.admt.jp/guide/access/index.html
入場無料

■アド・ミュージアム東京
http://www.admt.jp/index.html

内容:
「消費者のためになった広告コンクール」は、消費者が日々の生活の中で目にしたり接する数多くの広告の中から、“消費生活の指針となり、真に役立つ優れた広告”を消費者自らが選び、広く紹介することを目的に当協会が1961年から開催をしている広告コンクールで、今回、記念すべき第50回目を迎えました。
 第一回目は新聞広告部門のみで始まりましたが、現在は、新聞・雑誌・テレビ・ラジオ・Webの全5部門で開催しており、第50回目の今回、最優秀広告に贈られる経済産業大臣賞、次点の広告に贈られるJAA賞(ラジオ、Web部門については同賞が最高賞)など、5部門合計113作品が入賞となりました。
 入賞広告は、いずれも広告として正確な情報内容、新しい生活提案をはじめ正しい広告の倫理性を有し、広告表現技術の面でも優れるなど、消費者視点に基づく選考基準のもと、総合評価の中で選ばれたものばかりです。
 第50回目を迎えた今回から、地域広告賞の対象をこれまでの新聞広告部門のみからテレビ広告・ラジオ広告両部門にも広げました。さらに、経済産業大臣賞を受賞の広告を企画・制作された会社・組織に対して「ベストパートナー賞」を贈ることと致しました。広告は、アドバタイザーが発信するものであっても、企画・制作・媒体など、あらゆる方々のご協力によって出来上がり消費者などに届くものであり、秀逸な広告を生み出された方々のご協力に対し同賞を贈り、感謝の意を表することと致しました。
 今回、(財)吉田秀雄記念事業財団との共催、ならびに㈱電通のご協力により入賞作品を皆様にご紹介出来る機会を得ましたことは、消費者と広告のより良い関係構築にとり大変意義深いものであると思っております。消費者の視点で選ばれた“消費者のためになる優れた広告”を今回の展示会でご覧頂ければ幸いです。
(アド・ミュージアム東京HPより)
http://www.admt.jp/exhibition/program/2011_shohisha50.html

01/28/2011