横須賀・三浦半島の作家たちⅠ 原口典之・若江漢字…横須賀美術館

2011年2月11日(金・祝)~4月10日(日) 
戦後の横須賀で作家活動をはじめたふたりの美術家を紹介。両作家の初期作品も見所。

会期:2011年2月11日(金・祝)~4月10日(日) 
休館日:3月7日(月)、4月4日(月)
時間:10:00~18:00
会場:横須賀美術館
http://www.yokosuka-moa.jp/outline/index.html
観覧料:
一般800円
高大生・65歳以上600円
中学生以下無料
身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方と付添1名様は無料

■横須賀美術館
http://www.yokosuka-moa.jp/index.html

内容:
 この展覧会は、戦後の横須賀で作家活動をはじめたふたりの美術家を取り上げ、初期から最新作までの歩みをご紹介するものです。原口典之(1946- )は、 1977年に国際美術展ドクメンタ6に出品したオイル・プールで、鈍く光る廃油の油膜に周囲の人物、環境を鏡像として取り込み、新たな空間を作り出しました。その後も、金属や大量生産された工業素材を用い、時代状況を反映した作品を制作しています。版画、写真から出発した若江漢字(1944- )は、1982年文化庁芸術在外研修員として滞独中にヨーゼフ・ボイスを訪問し、その影響のもと立体、インスタレーションへの取り組みを強めます。近年は平面にも取り組む一方で、 1994年に自宅敷地内にカスヤの森現代美術館をオープンしました。
 今回、巨大な立体作品で知られる原口はWork on Paper(紙の作品)を中心に展示します。一方、さまざまなジャンルに取り組んできた若江は、写真とともに「近代」をテーマにしたインスタレーションを展示します。本展の見どころのひとつは、原口が19歳の時に制作した貨車をモチーフにした平面作品や若江が1970年代に取り組んでいた写真シリーズ「見ることと視えること」など、展示される機会が少ない初期作品です。作家の出発点と横須賀のかかわりを、是非、展覧会場でご覧ください。
(横須賀美術館HPより)
http://www.yokosuka-moa.jp/exhibit/kikaku/miura.html

01/28/2011