柴田是真 ―伝統から創造へ―…豊田市美術館高橋節郎館

2011年2月19(土)〜4月3日(日)
幕末から明治中期にかけて活躍した帝室技芸員・柴田是真の優品約40点を紹介。

会期:2011年2月19(土)〜4月3日(日)
休館日:月曜日(ただし3月21日は開館)
時間:10:00〜17:30(入場は閉館30分前まで)
会場:髙橋節郎館(豊田市美術館内)
http://www.museum.toyota.aichi.jp/information/accessmap.php
観覧料:
一般300円
高校・大学生200円
中学生以下無料
※市内高校生、障がい者、市内75歳以上の方は無料

■豊田市美術館
http://www.museum.toyota.aichi.jp/home.php

内容:
平成7(1995)年、豊田市美術館とともに開館した髙橋節郎館は、漆工芸家・髙橋節郎の代表作を常設展示するとともに、漆文化の普及を目的とした各種事業を開催し、多くの成果を挙げて参りました。このたび開館15周年を迎えるにあたり、より多くの人々に漆文化や工芸の素晴らしさを紹介していくために、新たな企画や事業を展開して参ります。その第一弾として「柴田是真」展を企画いたしました。
柴田是真(1807-1891)は、幕末から明治の大変革期に漆工家・絵師として偉大な足跡を残した職人であり芸術家です。11歳で蒔絵の技術を、16歳で円山派の画を学んだ是真は、大胆かつ精緻な漆工芸や絵画、漆絵といった多くの作品を創り出しました。新旧の価値観が交錯する時代にあって、「職人技から芸術へ」、あるいは「江戸から近代へ」の橋渡しを体現した人物といえます。
本展覧会は、是真の残した大きな3つの成果、①伝統を忠実に受け継ぎ次代につないだこと、②失われていた技術を復活させたこと、③多様な技法によって新しい世界を切り拓いたこと、に着目して構成します。
是真の漆工や絵画、漆絵などの優品40有余点と、是真に大きな影響を与えた江戸時代の漆芸家・画家、小川破笠(1663-1747)の作品2点も併せて紹介し、漆の可能性に挑み続けてきた髙橋節郎の記念館にふさわしい展覧会となることを目指した企画です。
(豊田市美術館HPより)
http://www.museum.toyota.aichi.jp/exhibition/2011/temporary/shibata.html

02/02/2011