竹原義二/原図展 素の建築…大阪くらしの今昔館

2011年3月9日(水)〜4月10日(日)
建築家・竹原義二の手描き原図を多数展示。また写真および100分の1スケールの模型も展示。

会期:2011年3月9日(水)〜4月10日(日)
休館日:火曜日、3月23日(水)
時間:10:00〜17:00(入館は閉館30分前まで)
会場:大阪くらしの今昔館
http://house.sumai.city.osaka.jp/museum/frame/0_frame.html
入館料:
一般200円
学生100円
中学生以下、障害者手帳持参者、市内在住の65歳は無料

■大阪くらしの今昔館
http://house.sumai.city.osaka.jp/museum/frame/0_frame.html

内容:
建築家・竹原義二氏は、日本の伝統的建築の中にある「素」のままの構造美・素材美を、現代の職人の手仕事により実現することをめざし、日本の建築に伝統的に受け継がれてきた空間の成り立ちや作法を再解釈することで、現代の建築空間に再構成してきました。

30余年にわたる設計活動の中で手がけた作品は住宅を中心に150作以上に及びます。本展では、竹原氏の手描き原図を多数展示し、図面に描かれた一本一本の線「思考の痕跡」がカタチとなり、建築に場の力を宿していく過程を読み解きます。

また、氏の建築を全て撮影してきた絹巻豊氏の写真、これまでの作品を総覧する100分の1スケールの模型を展示し、会場に出現する無垢の柱梁による架構空間により、竹原氏の建築を体感していただけます。
(大阪くらしの今昔館HPより)
http://house.sumai.city.osaka.jp/museum/frame/0_frame.html

02/22/2011