プリズム・ラグ 〜手塚愛子の糸、モネとシニャックの色〜…アサヒビール大山崎山荘美術館

2011年3月17日(木)〜6月12日(日)
布を糸を用いてモノに内包された時間や歴史を表現する作家、手塚愛子の作品を紹介。

会期:2011年3月17日(木)〜6月12日(日)
休館日:月曜日(ただし3月21日、3月28日、4月4日、5月2日は開館)、3月22日(火)
時間:10:00〜17:00(入館は閉館30分前まで)
会場:アサヒビール大山崎山荘美術館
http://www.asahibeer-oyamazaki.com/annai/access.html
観覧料:
大人700円
高大生500円
小中学生無料
障害者手帳をお持ちの方300円

■アサヒビール大山崎山荘美術館
http://www.asahibeer-oyamazaki.com/index.html

内容:
本展覧会のキーワードは「虹色」です。

印象派や新印象派は、赤・橙・黄・緑・青・藍・紫の虹色を基本とする絵具をパレット上で混ぜずにカンヴァスに並置することで、視覚の中で光を混合させ明るい画面を作り出す技法である「筆触分割」を用いました。本展覧会では館蔵品の中から、色彩にこだわり「見える」ことを追求した、モネの『睡蓮』連作・『アイリス』やシニャックの『ヴェネツィア』を展示します。 

美術家の手塚愛子は布と糸を使って、ものが内包する時間的プロセスや歴史的な蓄積といった、表には「見えない」部分をあらわにします。たとえば、織物から引き出された赤・青・緑といった色糸は絵画における原色の絵具を連想させますが、織られたものを素材に戻すことによって、それらが織られた時間をも示唆していきます。これはもともと表面しか見えない、けれどもそのなかに多重の層を含み持つ「絵画」の制作から出発した手塚の「解体 – 再構築」の試みと言えます。 

冬が終わり、草木も一斉に芽吹く春。アサヒビール大山崎山荘美術館には、カットグラスがプリズムとなって創り出される虹色の光が満ち溢れます。本展覧会は、「プリズム」が光を虹色に分解するように、普段ものを見ている角度にズレ(=ラグ)を生じさせることによって、通常の視線からこぼれ落ちてしまうものを可視化させ、見る者を新鮮な驚きと喜びに導くよう構成されています。
(アサヒビール大山崎山荘美術館HPより)
http://www.asahibeer-oyamazaki.com/tokubetu/syosai31/index.html

02/25/2011