「ゆめのかたち 香月泰男」展…尾道市立美術館

2011年3月19日(土)〜5月15日(日)
シベリア抑留経験を描いたシベリアシリーズで知られる画家、香月泰男。身近にあるブリキや木材などで制作した「おもちゃ」を中心に、油彩、水彩・素描、版画作品を交えて展示。

会期:2011年3月19日(土)〜5月15日(日)
休館日:月曜日(3月21日、5月2日は開館)
時間:9:00〜17:00(入館は閉館30分前まで)
会場:尾道市立美術館
http://www.city.onomichi.hiroshima.jp/kanko/access/access.html
観覧料:
大人700円
高校・大学生500円
中学生以下無料
70歳以上および身障者は証明できるものを提示することにより無料

■尾道市立美術館
http://www.city.onomichi.hiroshima.jp/kanko/data_ono/p_museum/index.html

内容:
香月泰男は山口県三隅町(現長門市)に生まれ当地で画業の生涯を終えた洋画家です。戦中、シベリア抑留経験をもつ香月は、帰国後、シベリア・シリーズとして抑留時代を題材にした作品を発表し、第1回日本芸術大賞受賞(1969年)をはじめ海外の国際展で高い評価を得ました。
シベリア・シリーズで人間の本質に関わる普遍的なテーマを生涯貫いた香月泰男は、一方で、豊かな慈愛に包まれたかのような作品を多く残してします。それが、身近にあるブリキや木材などで制作した「おもちゃ」です。動物、昆虫、サーカス、親子像など、穏やかな温もりを感じさせてくれる「おもちゃ」は、シベリア・シリーズが人間の「負」の部分を問うものとは対極に、「愛」のかたちを説いたものと言えるでしょう。
 本展は、香月泰男の慈愛の精神に満ちた「ゆめのかたち」として具現化された「おもちゃ」を中心に、油彩、水彩・素描、版画作品を交えて展覧しようとするもので、大人たちはもとより、こどもたちにも、視覚的にわかり易く、また、楽しく鑑賞して頂きながら、香月芸術の創造力の源の一端を紹介しようとするものです。
(尾道市立美術館HPより)
http://www.city.onomichi.hiroshima.jp/kanko/data_ono/p_museum/special.html

03/14/2011