ハンス・コパー展 — 20世紀陶芸の革新…静岡市美術館

2011年4月9日(土)~6月26日(日)
イギリス陶芸界の巨匠ハンス・コパーの作品約110点およびルーシー・リー作品約20点を展覧。

会期:2011年4月9日(土)~6月26日(日)
休館日:月曜日(ただし5月2日は開館)
時間:10:00〜19:00(入場は閉館30分前まで)
会場:静岡市美術館
http://www.shizubi.jp/museum_guide/index.php
観覧料:
一般800円
大高生・静岡市在住70歳以上600円
中学生以下無料
障害者手帳等をご持参の方および介助者1名は無料

■静岡市美術館
http://www.shizubi.jp/index.php

内容:
本展は、イギリスを代表する陶芸家ハンス・コパー(1920-1981)の生涯と芸術を紹介する、日本で初めての回顧展です。
コパーは、1920年ドイツのザクセン州ケムニッツで生まれました。父親がユダヤ人であったため、戦争の不条理に翻弄されながらも、19歳のとき単身イギリスに亡命します。終戦後、同じく亡命者であった陶芸家ルーシー・リー(1902-1995)に出会い、芸術を志していた彼の人生に転機が訪れます。リーの工房で轆轤(ろくろ)の才能を見いだされたコパーは、次々と独創的な作品を生み出し、その洗練された彫刻のような作品は、陶芸の新たな可能性を切り拓きました。
「どうやって、の前になぜ(Why before How)」つくるのか。陶芸の本質を追い求めたコパーの芸術を、建築空間を意識した作品や、古代キクラデス彫刻に刺激を受けたシリーズなど、初期から最晩年にいたる代表作約110点によって紹介します。また、生涯を通じて深い友情で結ばれたリーの作品約20点もあわせて紹介します。
(静岡市美術館HPより)
http://www.shizubi.jp/exhibition/future_110409.php

03/14/2011