京都画壇の巨匠 池田遙邨展 -旅と自然を愛した画家-…碧南市藤井達吉現代美術館

2011年4月5日(火)〜5月8日(日)
初期から晩年に至るまでの代表作を通じて池田遙邨の画業を振り返る。

会期:2011年4月5日(火)〜5月8日(日)※会期中展示替え有り
前期:4月5日(火)~4月24日(日)、後期:4月26日(火)~5月8日(日)
休館日:月曜日(5月2日は開館)
時間:10:00〜18:00
会場:碧南市藤井達吉現代美術館
http://www.city.hekinan.aichi.jp/tatsukichimuseum/access/index.html
観覧料:
一般600円
高校・大学生400円
小・中学生200円

■碧南市藤井達吉現代美術館
http://www.city.hekinan.aichi.jp/tatsukichimuseum/index.html

内容:
岡山県に生まれた日本画家・池田遙邨(いけだようそん 1895-1988)は、初めは洋画を学び、十九歳で文展に入選するなどその才能を発揮します。その後二十三歳の頃日本画家への転身を志し、京都画壇を代表する画家・竹内栖鳳の門下へと入りました。西洋絵画、特にムンクなどの影響を受けた時代を経て、大和絵を新たに解釈し直した作品で文展の特選を受賞、画壇における地位を確立していきます。歌川広重の足跡を辿った東海道の徒歩写生旅行などの成果として浮世絵風の風景画を描いたのもこの頃です。その後は同時代の画家・冨田渓仙からの影響が感じられる作品を戦中にかけて発表します。

戦後、遙邨は独自の構図、視点で描いた風景画に新境地を開きます。その大胆な構図と明るい色彩による画面は、軽妙洒脱でありながらも情趣溢れるものとなっています。創作意欲は晩年になっても衰えることを知らず、八十九歳にして描き始められた、山頭火の俳句を題材とした《山頭火シリーズ》は、遙邨が到達した独自の画境を示す代表的連作となりました。

 本展覧会ではおよそ80年にも及ぶ遙邨の画業を、初期(10~20歳代)、中期(30歳代~戦前)、円熟期(戦後~80歳代前半)、晩年(80歳代後半~没年)の4期にわけ、倉敷市立美術館所蔵の代表作を中心に、各所蔵先の名品を加えた諸作品によって回顧いたします。独創性豊かな遙邨の芸術をどうぞお楽しみ下さい。
(碧南市藤井達吉現代美術館HPより)
http://www.city.hekinan.aichi.jp/tatsukichimuseum/temporary/ikedayoson.html

03/25/2011