杉本博司 アートの起源|歴史…丸亀市猪熊弦一郎現代美術館

2011年5月29日(日)〜8月21日(日)
1年間にわたって開催される4つの杉本博司展の第3弾。

会期:2011年5月29日(日)〜8月21日(日)※会期中無休
時間:10:00〜18:00(入館は閉館30分前まで)
会場:丸亀市猪熊弦一郎現代美術館
http://mimoca.org/ja/information/access/
観覧料:
一般950円
大学生650円
高校生以下または18歳未満、丸亀市内に在住の65歳以上、各種障害者手帳をお持ちの方は無料

■丸亀市猪熊弦一郎現代美術館
http://mimoca.org/index.php

内容:
杉本博司は写真というメディアを追究し、独自のコンセプトと最高の技術によって生み出した美しくも力強い表現で世界中の人々を魅了してきました。この深遠なる杉本芸術の全貌を明らかにすべく、一人のアーティストを1年間にわたって4つの連続する展覧会で紹介するという斬新なプロジェクト「杉本博司 アートの起源」を2010年11月より開催しています。
“今、読めない先を見るためには、振り返らなければならない時がきたのだ。”と杉本は言い、再び人間の想像力が発揮され、アートとして表現されるためにアートが今できることは、その起源へと遡り、さらに人間の意識の起源を辿ることではないかと考えます。本プロジェクトでは、科学・建築・歴史・宗教という 4つのテーマのもと「アートの起源」へと迫ります。
第3回目となる本展では「歴史」を取りあげます。ネガ・ポジ方式を発明したウィリアム・ヘンリー・フォックス・タルボットが残した紙ネガを杉本自身がプリントした《光子的素描》や、社会との関わりのなかで変化してきた衣服のうち20世紀の洋服を撮影し、近代とは何であったかを問いかける《スタイアライズド スカルプチャー》など、杉本の作品によってさまざまな歴史が繰り広げられます。圧倒的な現実感を持つ写真が提示する歴史を追ううちに、見る人は歴史と写真の関わりについて思いを巡らせ、さらに歴史とは何か、人類の発展にいかに寄与したかについても考えることとなるでしょう。
(丸亀市猪熊弦一郎現代美術館HPより)
http://mimoca.org/ja/exhibitions/2011/sugimoto_history/

05/10/2011