ひょうごの古陶遍歴…兵庫陶芸美術館

2011年6月11日(土)〜8月28日(日)
開館以降に収集した兵庫県内産の古陶磁約140点を展示。

会期:2011年6月11日(土)〜8月28日(日)
休館日:月曜日(ただし7月18日は開館)、7月19日(火)
時間:10:00〜19:00(ただし7月・8月の金・土は21時、入館は閉館の30分前まで)
会場:兵庫陶芸美術館
http://www.mcart.jp/traffic.html
観覧料:
一般600円
大学生500円
高校生300円
中学生以下無料
65歳以上の方は半額
障害のある方およびその介護者は半額

■兵庫陶芸美術館
http://www.mcart.jp/index.html

内容:
現在の兵庫県は、日本海側の但馬、内陸部の丹波、瀬戸内海に面した摂津・播磨、畿内と四国を結ぶ淡路の旧五ヶ国から成り、気候や風土、隣接する地域との交流などによって、それぞれ異なった文化が育まれ、それらが融合した多彩な面をもっています。
 平成17年の秋、丹波焼のふる里立杭に開館しました兵庫陶芸美術館は、国内外の陶芸文化の発信拠点として、また、丹波焼(篠山市他)をはじめ、三田焼(三田市)や東山焼(姫路市)、珉平焼(南あわじ市)、出石焼(豊岡市)など、兵庫県内の多種多様なやきものの調査・研究機関としての活動も行っています。当館では、全但バス株式会社の創設者である田中寛(1904〜1981)氏が長年収集された丹波焼を中心とした兵庫県内産の古陶磁約850点(田中寛コレクション)を所蔵していますが、これらを後世に伝えるとともに、より充実したコレクションにするため、開館以降、新たに丹波焼や三田焼などの収集にも取り組んでおり、現在、所蔵する兵庫県内産の古陶磁は約1,000点を数えます。
 この展覧会では、開館以降に当館が収集しました兵庫県内産の古陶磁約140点を旧五ヶ国を巡りながら紹介します。さらに、それらのやきものが生まれた時代背景や地域的な特徴に加え、旧五ヶ国が現在の兵庫県へと編成された過程などもあわせて辿っていきます。
(兵庫陶芸美術館HPより)
http://www.mcart.jp/23/exhibition/hyogo/hyogo.htm

05/16/2011