ビジュアルデザイン学科2011年度特別講義「ちょっと前のデザイン」…神戸芸術工科大学

講師:今野裕一(編集者『夜想』主宰)、日時:5月18日(水)14:40〜

日時:5月18日(水)14:40〜
会場:神戸芸術工科大学吉武記念ホール
http://www.kobe-du.ac.jp/about/access/
聴講無料・申込不要

講師:今野裕一(編集者『夜想』主宰)
活動履歴:
1978年『夜想』創刊。1980年ペヨトル工房を設立。以来、20 年間にわたり、『夜想』『銀星倶楽部』『Ur』『WAVE』の4誌の編集長とバロウズなどの翻訳や写真集、アートブックの出版を手がける。RTV(原田大三郎+庄野晴彦)、EP-4、坂本龍一などのイベントディレクションや数々の展覧会やイベントをプロデュース。内藤礼、三上晴子、畠山直哉、勅使川原三郎などのアーティストのサポートを行う。2000年ペヨトル工房を解散。惜しまれて、在庫を保存する運動が起こり4万冊以上の在庫が救われた。京都大学西部講堂でのファイナルイベント(動員1000人)、名古屋得三・ペヨトルコーリングを経て、2003年秋、雑誌『夜想』を復刊し再び現場で活動を開始する。 2004年、谷中・HIGUREにて夜想リターンズ展(動員1000人)『夜想』の特集を立体的に展開するギャラリー『パラボリカ・ビス』を浅草橋に開廊、恋月姫、三浦悦子、山本タカトなどとの展覧会を開催。2011年『夜想』ベルメール特集に関連するベルメール展で、吉田良、土井典というベテランと清水真理、中川多里、林美登利、そしてファッションドールのスーパードルフィまでを集めた展示で3000人強を動員。
(神戸芸術工科大学より)
http://visual.kobe-du.ac.jp/vlog_viewer.cgi?number=00031

■神戸芸術工科大学
http://www.kobe-du.ac.jp/

05/17/2011